デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39 New

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

“空間記録”、“10K3D動画” Insta360が2つの次世代機を公開

360度カメラ「Insta360」シリーズのメーカーである中国Arashi Visionは、米国ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市「CES 2018」に2つの新型カメラを展示しました。発売時期などは未定。同社プレスリリースでは「次世代の革新的なカメラ」と紹介されています。

Insta360後継機と思しきプロ向け360度カメラ

1つ目のカメラは、プロフェッショナル向けの360度カメラです。本カメラは正式名称は不明ですが、8個のレンズを搭載し、10K高解像度の3D360度動画が撮影可能とのこと。デザインを見ると、同社が2017年に発売したプロフェッショナル向け360度カメラ「Insta360 Pro」の後継機と思われます。

本カメラに搭載されるセンサーサイズは4/3型で、広いダイナミックレンジを実現し、低照度でも鮮明でノイズを軽減した撮影が可能になるとのこと。また、販売予定価格は12,000USドルとしています。

なお、本機はラスベガスで開催中のCES2018にて筐体を展示中です。プレスリリースによると名称は不明とのことですが、「Insta360 Titan Series」とのプレートが横に置いてありました。画質の箇所には「Still 10K」(現時点では10K)と書いてあり、さらなる画質向上も狙っているのではないかと推測されます。サイズはInsta360 Proを一回り大きくしたような印象です。また、レンズのサイズがInsta360 Proよりもさらに大きくなっており、画質向上のためと考えられます。

動画解像度は10Kと5Kが選ぶことができます。2つとも3Dのステレオ撮影が可能。
・10K(10,560 x 5,280)、30fps/60fps
・5K、120fps

空間そのものを「撮影」する

2つ目のカメラは、ライトフィールドカメラのプロトタイプです。ライトフィールドカメラは、光の入射角度や距離情報から、深度情報も含めた「空間そのもの」を撮影できます。このプロトタイプのライトフィールドカメラは、6DOFの画角180度の映像が撮影可能で、視聴者は6方向全てで約0.5メートルの範囲内を自由に動くことが可能になるとのことです。

128個のカメラレンズを搭載。

さらに、同社の技術を使うと、この180度映像を360度のキャプチャにも適用可能で、極めて現実と近似した映像空間を記録できるとしています。同社はこのライトフィールドカメラの技術により、視聴者が映像内を自由に探検できるようになり、これまでにない全く新しいレベルの没入感を実現すると説明しています。

なお、これまでに「Insta360」シリーズの国内販売は株式会社ハコスコが国内代理店として販売しており、今回の新製品カメラの発表も同社からプレスリリースが出されています。

(参考)株式会社ハコスコ プレスリリース
https://hacosco.com/2018/01/insta360_ces2018/


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

【Gear VR】1月第1週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2018/01/10 19:30 Gear VR

【体験レポ】期待集まる一体型VRヘッドセット レノボ「Mirage Solo」

2018/01/10 19:30 テック
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集