デイリーランキング

バンダイナムコは“VR事業が増収に寄与” 調査結果により明らかに

業界動向

2019/07/22 12:00

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

NVIDIAが広視野角・高解像度ARデバイス開発、米VR体験施設への大規模出資判明 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/07/22 08:00

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開

テック

2019/07/22 11:45

VTuberはビジネスで活用できる?メリットから課題まで語られた「VTuber活用丸わかりセミナー」レポ

VTuber利活用

2019/07/22 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

驚異の11K Insta360から新モデル「TITAN」価格は188万円

360度カメラを展開するArashi Visionは、360度カメラシリーズInsta360より、最上位モデルとなるプロ向けの360度カメラ「Insta 360 TITAN」を発表しました。Titanは8基のマイクロフォーサーズセンサーを備え、最大11K画質での360度撮影が可能です。価格は188万円(税込)。予約は公式サイトにてすでに開始されており、2019年4月には出荷を開始予定です。

Insta360は個人向けのInsta360 One Xからプロ向けのInsta360 Proまで幅広いラインナップの360度カメラを展開してきました。今回発表されたInsat360 Titanは最上位モデルとなります。2018年1月のCESでプロトタイプを展示し、2019年のCESに合わせての発表となりました。

https://www.youtube.com/watch?v=9VhxtmV7mZQ

8基のマイクロフォーサーズセンサーで11K画質を実現

Titanは、8基のマイクロフォーサーズセンサーを備えています。デジタルカメラにも搭載されているマイクロフォーサーズセンサーは、一体型の360度カメラに搭載できる画像センサーとしては最大のものとなります。より高画質で、ダイナミックレンジが広く、暗所に強く、色深度などの表現力は「限界まで引き上げられる」と謳っています。


(左がTITANで11K動画、右が従来の360度カメラ)

8基のレンズで撮影される動画の最高画質は10560 x 5280(11K、2D30fps)です。3D動画撮影では10K相当の9600 x 9600(30fps)。2019年1月現在、1台の360度カメラで実現する解像度としては最高のものとなります。ライブ配信は4K30fpsに対応しています。

4倍に拡大してもくっきりと表現されており、360度撮影をしてから一部をズームするといった使用にも耐えうるものとなっていると考えられます。

(360動画を4倍にズームしたもの、左がTITANで11K動画、右が従来の360度カメラでの8K動画)

また、Insta360 One XなどでもウリにしていたスタビライゼーションはTITANでも健在です。9軸のジャイロスコープを搭載しており、手ブレには強いことをアピールしています。

TITANの価格は188万円(税込)、予約は2019年1月7日時点ですでに開始されており、出荷は2019年4月を予定しています。購入には18,800円の予約金が必要です(3月1日までのキャンセルで返金)。

スペック

サイズ

Φ234mm

材料

アルミニウム合金

レンズ

8 x 200° F3.2魚眼レンズ

写真

リアルタイム/後処理スティッチング
10560 x 5280(11K 2D)
10560 x 10560(11K 3D)

動画

後処理スティッチング
10560 x 5280 @30fps(11K 2D)
9600 x 9600 @30fps(10K 3D)
5280 x 2640 @120fps

10 Bit 動画
7680 x 7680 @30fps(8K 3D)
7680 x 3840 @30fps(8K 2D)

リアルタイムスティッチング
3840 x 3840 @30fps(4K 3D)
3840 x 1920 @30fps(4K 2D)

写真フォーマット

JPEG / DNG

動画フォーマット

MP4

動画コーディング

カメラ処理の場合はH264、後処理スティッチングの場合はH264/H265/ProRes 422 HQを選べる

ライブ配信モード

ビルトインサーバー、カスタムサーバー、HDMI出力
3840 x 1920 @30fps(4K 2D ライブ配信)同時に8K動画を録画できる
3840 x 3840 @30fps(4K 3D ライブ配信)同時に6K 3D動画を録画できる

※ライブ配信しながらの録画は可能。

ライブ配信プロトコル

ストレージ

9枚のSD カード

ISO感度範囲

100~6400

露出モード

自動、手動、レンズ別の調整、シャッター速度優先(写真のみ)、ISO感度優先(写真のみ)、ISO上限値は動画撮影モードで設定可能

ホワイトバランス

自動、手動

写真モード

ワンショット / 連写 (10連続ショット) / 低速度撮影 / AEB (露出ブラケット、3、5、7及び9枚の写真を選択してカメラ内でHDR合成を行う)
補足: Raw及びJPGは以上のすべてのモード及びHDR写真に対応可能

動画モード

標準撮影(i-Log対応可能)/ 高FPS撮影(ビニング、i-Log対応可能)

レンズごとのビットレート

最大180Mbps

電源供給

19V 9A

バッテリー

10000mAh着脱式

作動温度

0~40℃

保存温度

-20~40℃

WiFi仕様

802.11 b/g/n, 2.4GHz. 広い空き地の場合20メートル範囲で接続可能。最大30fpsでプレビュー可能(5メートル範囲内)

アンテナ

GPS信号アンテナ + AP信号アンテナ

LANポート

対応可能

映像伝送

Insta360 Farsightシステムは地面距離300メートル、地上から空中1キロメートルで安定な30fpsプレビューが可能です。

音声収録

4x Mono Mic

音声コーディング

AAC

空間音声

Ambisonic

ジャイロスコープ

9 軸センサー

手ブレ補正

FlowState 手ブレ補正

スティッチング

Optical Flow / Template

露出範囲

12 stop

コントロールソフトウェア対応

Windows / Mac / iOS / Android






ホロライブ、bilibiliと正式契約 VTuberの中国展開を開始

2019/01/08 10:10 VTuber 最新ニュース一覧

ポケモンGOのナイアンティック、1.9億ドルの資金調達

2019/01/08 10:10 投資