デイリーランキング

【ポケモンGO】「GOバトルリーグ」の不具合改善 相手を確認した後の離脱にペナルティ

ポケモンGO

2021/05/12 16:16

【ドラクエウォーク】シリーズ35周年 初代「ドラクエ」イベント復刻!

ドラクエウォーク

2021/05/13 11:04

にじさんじと「ばかうけ」がコラボ、ホロライブ カードゲーム「ヴァイスシュヴァルツ」に登場【VTuberデイリーニュース 5/12号】

VTuber

2021/05/13 15:58

PS5の品薄は「新型VRシステムの発売まで続く」? 米メディア報じる

PSVR

2021/05/13 11:31

【ポケモンGO】フェアリーレジェンドYの詳細発表 伝説ポケモン「イベルタル」初登場

ポケモンGO

2021/05/11 13:56

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

仮想空間SNS「INSPIX WORLD」とは? ヒプマイライブの参加方法 スマホ・PCでの使用感も紹介

スマートフォンやPCからアクセスできる仮想空間SNSINSPIX WORLDがリリースされました。本格始動に向けて「アーリーアクセス・宵」がオープンしており、アトラクションの提供や、ユーザーからのフィードバックを募っています。

本アプリはスマートフォン(iOS・Android)版とPC(windows)版があります。この記事では、それぞれを体験した上での感想も交えつつレビューします。

INSPIX WORLDとは?

「INSPIX WORLD」は、バーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」を前身とした、仮想空間SNSです。以前のアプリではスマートフォンのデバイスから音楽ライブやバーチャル握手会に参加ができるサービスでしたが、今回新たにアバター機能、フレンド機能、特設ワールドが追加されました。

またヒプノシスマイク-Division Rap Battle- VR BATTLE 《2nd D.R.B》公演が5月1日に予定されています。公演は通常の配信だけでなく、スマホVRに対応しており、注目を集めています。

アバターを作ってバーチャルSNSをスタート!

スマホ版ではタッチやバーチャルパッドで、PC版ではマウスやキーボード(移動:WASDキー)で操作ができます。PC版はINSPIXのアカウントの作成から開始しますが、スマホ版ではアバター作成にそのまま移ります。

現時点ではアバターの髪型や服など選べる選択肢は少ないですが、アプリをプレイしていくうちにコディネートが出来るようになるので、気楽に選んでみましょう。名前はアバター名となっており、ゲームを進めると複数のアバター作成可能です。

他のサービスではあまり例を見ない要素として、「アバターの性格診断」というものがあります。これは質問に答えていくことで10種類の中からぴったりの性格を見つけ、アバターの性格にあった動きや表情に変わるというものです。自分で好きな性格を選ぶこともできます。

アバターが完成したらロビーへと移動し、チュートリアルがスタート。アバターを動かしながら指示された内容をひとつずつこなし、報酬を獲得していきます。指示は画像で表示され、チュートリアル中に何度でも再確認できるので、バーチャルSNS初心者も安心です。

「アーリーアクセス・宵」で何ができる?

「アーリーアクセス・宵」では、マイルーム機能やコミュニケーションに加え、アトラクションなどを遊ぶことができます。これらの始め方もチュートリアルで一通り教わります。

「釣り」ではIWポイントや家具をゲット可能。さらにIWポイントは無料ポイントガチャで使え、ファッションアイテムなどが手に入ります。アイテムはトレードでき、不要なアイテムを露店やリサイクルショップに出してポイントに替えられます。さらに高級無料ガチャもあります。

アトラクションとして用意されているのは、「人狼ゲーム」「脱出ゲーム」。人狼ゲームは8人用、脱出ゲームは4人用として遊べ、自分で部屋を建てて募集するか、募集をかけているルームに参加することで遊べます。

「マイルーム」では自分の部屋を作り、フレンドやコミュニティのメンバーを呼んで、おしゃべりも可能です。また、インテリアや壁紙も配置できます。

なお、チュートリアルで手に入れたアイテムや釣りで手に入れたIWポイントなどは、メニューのポストから受け取らないと使えないので注意です。

スマホ版・PC版の違いは?

スマホ版・PC版共に内容や画面構成はほぼ同じ。PC版のほうが大きなディスプレイで表示されるため見やすいですが、グラフィックに大きな違いはありませんでした。


(スマホ版)


(PC版)

今回使用したスマホはPixel4aと推奨スペック以下でしたが、ゲーム自体は問題なくプレイできたものの、人の多い空間だと重さを感じる場面がありました。SNSだと推奨スペックのiPhoneでもカクツキなどの報告もあり、快適にプレイするための要求スペックは高めとなっています。

一方PC版はグラフィックボードがあることが前提なためサクサク動き、推奨スペックは低め。同時に表示されるアバター数も多い印象で、バーチャル空間に人が集まっていることを感じられます。

チュートリアルでは紹介されませんでしたが、スマホ版にはVRモードも用意されています。メニューから起動し、スマホ向けVRゴーグルにセットすることで、一人称視点で360度を自由に見られます。なおVRモード使用中は移動できません。現時点ではOculus Quest 2などのVRヘッドセットには未対応です

他のバーチャルSNSと比較するとどう違う?

スマホ対応のバーチャルSNSとして利用されているClusterや、PC向けバーチャルSNSVRChatと比較すると、一般的なゲームに操作感が近く、初めて利用するユーザーへの配慮が感じられます。ガチャによるアイテムの入手やリアルゲームのデジタル化など、現代のスマホユーザーにとってとっつきやすいのが強みでしょう。

一方で、チュートリアル後はまだコンテンツが少ないためか、何をしていいか戸惑うことも。また、比較した両サービスとは違ってユーザー主導で制作するワールドなどは現時点では用意されておらず、あくまでも運営側の用意したコンテンツを楽しむための場所という印象を受けます。

アーリーアクセス期間なためコンテンツが増えるのはこれからでですが「ライブ特化型仮想空間SNS」と銘打っている以上、他のバーチャルSNSとは違った路線として利用されていくことになると思われます。

「VR BATTLE」を見るために必要なスペックは?

INSPIX WORLDでは、「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- VR BATTLE 《2nd D.R.B》」が予定されています。自分のデバイスで見られるか気になる方もいると思います。

スマホ版の推奨スペックは、iOSはiPhone8以上で、Androidの場合だとCPUがSnapdragon845・Kirin810 相当以上。VRモードはスペック不足だと処理落ちでVR酔いが起きてしまう可能性があるため、VRライブで快適に使用したい場合はやはり推奨スペックが不可欠となるでしょう。

PC版アプリに関しては、予定されている公演をPCアプリ版で見ることはできません。(PCの場合、ブラウザから平面動画での視聴となります

チケット種別

スマホ版
INSPIX WORLD
アプリ

Windows版
INSPIX WORLD
アプリ

WEBブラウザでの視聴(スマートフォン・PC)

スマホ専用
VRゴーグルの有無

VRチケット
(VRモード専用)

×

×

○※

通常チケット
(平面動画)

×

×

※VRチケットの視聴には、スマートフォン専用VRゴーグル(別売)が必須。(Oculus Quest2などのVRヘッドセット機材は非対応)

以上をまとめると、「VR BATTLE」をVRモードで視聴するには、推奨スペック以上のスマートフォンが必要となります。PC版アプリでは、VR視聴だけでなくアプリ内での視聴も不可能なので注意が必要です。通常チケットは、スマホ・PCと共にブラウザから視聴可能です。

推奨スペック

PC(Windows)

OS:Windows 10 64-bit
CPU:Intel Core i5-6400 相当以上
RAM:8GB 以上
ビデオカード:NVIDIA® GeForce® GT 1030 相当以上
DirectXバージョン:11
ストレージ空き容量:10GB 以上

iOS

iPhone8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、
iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone SE(第2世代)、
iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 Pro
iPad(第6世代)、iPad(第7世代)、iPad mini(第5世代)iPad Air(第3世代)
12.9インチiPad Pro(第3世代)、12.9インチiPad Pro(第4世代)
11 インチiPad Pro(第1世代)11 インチiPad Pro(第2世代)
システム:iOS11以降
ストレージ空き容量:10GB 以上

※iPhone7以下の機種は利用できません。

Android

CPU:Snapdragon845、Kirin810 相当以上
RAM:4GB以上
システム:Android 9.0及びそれ以上
ストレージ空き容量:10GB 以上<Android>
推奨アスペクト比:16:9

まとめ

現時点では丁寧なチュートリアルやとっつきやすさが魅力なものの、コンテンツはやや少なめな印象を受ける「INSPIX WORLD」。要求されるスマホのスペックは高めで、カクツキなどの改善点もあげられます。しかし路線としては既存のバーチャルSNSとは差別化されており、ライトユーザーでも気軽に参加できるといった光る点も。

公式によると、実装されている機能のアップデートや、今後の追加機能への意見・感想を募っており、より良い世界を目指していくためのアーリーアクセス期間となっているそうです。まずは気軽に新たなバーチャルSNSを体験してみるのはいかがでしょうか?

【配信先】
iOS
Android
Windows(公式サイト)

(参考)
INSPIX WORLD[アーリーアクセス・宵]オープン!
VR BATTLEの視聴について
推奨端末について
スマートフォン版『INSPIX WORLD』アプリの推奨端末追加について

執筆:ノンジャンル人生


PioneerのDJ機材が3Dモデル化!「Tribe XR」で体験可能に

2021/04/16 19:30 ゲーム・アプリ

【Oculus Quest 2】4月第3週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2021/04/16 19:30 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集