デイリーランキング

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

パソナ・パナソニックがVRコンテンツ制作サービス「VRer!」をスタート 制作・公開・閲覧をワンストップで

開発

2019/02/14 18:00

ブラウザでのAR、VRに影響 iOS12.2でセキュリティが強化

開発

2019/02/14 12:00

悪夢の克服にVRが効果的 調査結果が発表される

ビジネス活用事例

2019/02/14 11:30

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

【体験レポ】VRで楽しく全身フィットネスできるマシン「ICAROS」

世界最大のエレクトロニクスの展示会CES2017ではVRに関する様々な展示が行われていました。CESは、東京ビッグサイト4個分とも言われているメイン会場に加え、さらにラスベガス市内の2会場の合計3会場で開催されています。

その中でも、世界中の数百ものスタートアップが小さなブースを無数に出展している「エウレカパーク」というエリアがあります。このエリアだけで幕張メッセほどの大きさを誇ります。本当に世界を変えてくれそうなスゴい技術を謳っているブースもあれば、突拍子もないアイデアを製品化しようとしているブースもあり、まさに玉石混交といった広大な展示空間が広がっています。

今回はこのエウレカパークに展示されていたVRシステム「ICAROS」を紹介します。

全身フィットネス×VR

「ICAROS」はドイツのスタートアップICAROS社が開発をしている全身フィットネスマシンです。筐体の上に、手と肘、足と膝を乗せ、Gear VRを装着して体験します。

バーを手で握り、肘を肘当てに置き、足を足の台に乗せて、膝を膝当てに置きます。自動的にお尻を上に突き出す形になります。

筐体自体は下にある台と一箇所でのみ支えられており、例えば水平にバランスをとるためには、腹筋を始めとする全身の筋肉を使って支える必要があります。また、左右や上下に移動する場合は、ゆっくりと重心を傾けていきます。ついうっかり勢い良く傾けてしまうと、ガクッと傾きます。

なお、フィットネスマシン自体はアナログな装置ですが、右手で握るバーにコントローラーが結び付けられており、傾きの値を計測してGear VRで見えているコンテンツに反映させていきます。

筆者が体験したのは、空を飛んで順番に輪っかをくぐっていくというもの。緩やかに曲がりながら進むためにはかなり力を入れる必要があります。実際の体験動画では非常にゆっくりとした動きをしているように見えますが、全身に力を入れており、いわゆる「ぷるぷる震える」状態になっています。

数分の体験ですが、かなり全身が温まり、筋肉にも適度な負荷がかかっていました。何よりVRに没入することによって、楽しくフィットネスをすることができます。

体験の様子

https://www.youtube.com/watch?v=VPacSYYUqSA

概要ムービー

https://www.youtube.com/watch?v=OMBxuWzfyko

導入に必要な全てを提供

「ICAROS」は、この筐体とコントローラーだけでなく、コンテンツも付属します。

既に世界に100台ほど出荷をしているとのこと。日本でも六本木にあるジム「THE BODY RIDE」でも導入されています。世界では、ジムだけでなくホテル等、フィットネスマシンを設置している場所での導入が多いとのことです。

(参考)

ICAROS公式

http://www.icaros.net/index.php/pages/about-icaros/


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

【PSVR】『サマーレッスン』、「外の世界」をテーマとした追加体験パックが1/12より配信開始

2017/01/11 12:00 ゲーム・アプリ

AUDEZE、VRにも使える高解像感のイヤホンを発売 価格は4万円台

2017/01/11 12:00 テック