デイリーランキング

人の目レベルの超高解像度VRデバイス「VR-2」国内販売開始

業界動向

2019/11/08 12:15

アップルの“ARに干渉する”特許、新型ARグラスは共同開発か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/11/11 08:00

Gear VR向けアプリの開発サポートが終了、時代はスマホVRから一体型へ

開発

2019/11/11 12:30

VR製品が寄与か? フェイスブックの非広告収入が43%増

業界動向

2019/11/11 11:30

藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?

業界動向

2019/11/11 12:00 Sponsored

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ブラウザで体験できるソーシャルVR「Hubs」誰でもできるVR目指す

ウェブブラウザFirefoxで知られるMozilla(モジラ)は、ソーシャルVRプラットフォーム「Hubs by Mozilla」のテスト版をリリースしました。VRデバイスにこだわらず、ブラウザ上で手軽にコミュニケーションが取れることを売りにしています。

ヘッドセットがなくても体験可能

Hubsは現在テスト版で、誰でもアクセスできるようになっています。VR空間でコミュニケーションをとるソーシャルVRに、ユーザーが簡単に参加できることを目指しています。

Mozillaは人々がソーシャルVRで集まるために、他のユーザーとVRヘッドセットを揃えたり、追加のソフトをインストールしたりする手間をなくすことを目指しています。今回公開されたHubsはブラウザをベースとしているため、URLにアクセスするだけで参加できます。

VRデバイスはOculus RiftやHTC Vive、Google Cardboardに対応しており、PCやスマートフォンからのアクセス等、VRデバイスがなくても参加することが可能です。

今後数か月で改良を予定

現在のHubsは、非常にシンプルな作りです。体験者が参加できるVR空間はあらかじめ設定されており、個人でアバターを作れないようになっています。そのため、現時点では、アバターが使える他のソーシャルVRと比べて魅力的ではないかもしれません。

しかしMozillaは、将来的に改良を予定しているとのこと。今後数か月のうちに、VR空間をカスタマイズしたり、アバターを編集したり、他のコミュニケーションツールとHubs内の体験を共有したりする機能を追加するとしています。

興味を持った方は、ぜひHubsのウェブサイトにアクセスしてみてください。

(参考)techradar



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

Vive Proが生み出す、新たなVRでのレース体験

2018/04/28 19:04 話題

「ドラクエVR」でゾーマと一騎打ちの死闘を繰り広げてきた

2018/04/28 19:04 イベント情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集