デイリーランキング

N高がVR入学式を開催、新入生も登壇者もバーチャルに

業界動向

2019/03/23 12:00

PCと一体型VRヘッドセットをワイヤレス接続 クァルコムも技術開発

テック

2019/03/22 11:30

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

リンナイ、米国でVR活用により見込み客獲得が50%増

(本記事は、2018年8月27日にHTC社公式ブログに掲載されたVIVEチームの記事を翻訳したものです)

瞬間式給湯器の取り付けは意外と簡単です(※)。しかし、それを納得してもらうのは簡単ではありません。そこでリンナイの子会社であるリンナイアメリカ株式会社は、設置作業をVRで体験してもらうことで、導入への不安を解消しようと考えました。

(※訳注:米国では以前から、湯をタンクに貯めて使用するタイプの給湯器が主流だった。瞬間式はタンクを使わないため、湯切れが起きない利点がある)

開発には360度動画制作で実績のあるコンテンツスタジオのGroove Jonesが協力し、その成果はアトランタ州ジョージアで2018 International Builders’ Show (IBS)に出展されました。会場では住宅業界関係者やDIY愛好家たちが次々とVRに没入してリンナイアメリカの新型給湯器の設置に挑戦、周囲の歓声を浴びていました。

来場者の関心を大いにかきたて、有望な見込み客の獲得へとつないだ、この体験の内容を詳しく見てみましょう。

瞬間給湯器バーチャル設置体験「Yank the Tank」

Groove Jonesはリンナイアメリカと提携する広告代理店Hitchcock Fleming & Associatesと共に、この体験に「Yank the Tank (タンクよさらば)」という実にふさわしい名前を付けました。

内容はシンプルで痛快そのもの。

  1. 好きな道具を選ぶ。
  2. それで給湯タンクを叩き壊す。
  3. タンクを撤去する。
  4. 新品のRinnai SENSEI瞬間給湯器を取り付ける。
  5. 達成感を味わう。

もしあなたが錆びついたボロボロの給湯器を撤去しなければならないとしたら、どんな道具を使いますか? Yank The Tankでは、ビームサーベル、スレッジハンマー、フライパンという(悩ましい)選択肢が用意されています。

ビームサーベルが人気でしたが、解体作業員の気分を味わうためにスレッジハンマーを選ぶ人も。約30秒後、古いタンク式給湯器が完全に故障し、撤去するしかなくなります。

タンクを叩き壊した後は、表示される手順に従ってSENSEI瞬間給湯器を取り付けます。どのガス管を使うか、排気口はどれぐらいの大きさで確保するかといった、実際の設置作業で考えなければならない点についても、ヒントやアドバイスが表示され、状況に応じた適切な判断の仕方が分かるようになっています。

展示の結果は? リンナイアメリカは次のように語っています。

「お客様からも従業員からも、とにかく大変な好評でした。結果的に前年より50%以上も多くの見込み客を獲得することができ、VRは弊社のトレードショーにおける新しいプレゼンテーション手段となりました」
(リンナイアメリカ株式会社、シニアブランドマネージャー、David Federico氏)

制作プロセス – 実践の学習効果



さまざまな研究によれば、人は何かを実際にやることで理解を深められるといいます。ただデモ動画を見るよりも実際に手を動かして給湯器の設置作業をシミュレーション体験したほうが、「これなら自分にもできる」という自信は深まるはずです。

Groove Jonesは開発のためにリンナイアメリカ本社で設置手順を教わり、製品の実物パーツを使ってVR内に表示される3Dオブジェクトを作成しました。リンナイのトレーニングチームには、実際の設置体験を忠実に再現できているかどうかを検証してもらいました。ハードウェアとしては、できるだけリアルなVR環境を実現するため、画質や音質、トラッキング性能に優れたHTC VIVEを採用しました。

展示場から全国各地へ

リンナイアメリカは2018年、各地を巡回して新製品を宣伝する#TryRinnaiツアーを開始しました。各会場で給湯器設置のVR体験ができるようにするほか、キャッシュバックや限定グッズの配布などの特典も提供しています。

米国を中心に2018年だけで約800か所を回る8台のキャンペーンカーは、それぞれHTC VIVEによる完全ポータブルなVR体験が可能な機材を備え、さらに会場でも移動中でも体験の模様が見られるように外部モニタを搭載しています。

最寄りの#TryRinnaiツアー会場はhttps://www.rinnai.us/try-rinnaiで検索できます。

Groove Jonesについて:

Groove Jonesはインタラクティブ映像制作で受賞実績を持つスタジオです。360度動画商業作品、バーチャルリアリティによる没入型体験、拡張現実(AR)アプリの制作開発を専門としています。広告代理店やブランドのパートナーとして、日常的に使われるデジタル機器を介してターゲット層にリーチするためのお手伝いをします。

これまでにはAT&T;、Amazon、Comcast、Fiat、Intel、McDonald’s、Nestle、Under Armourなどの大手企業との取引実績があります。詳しくは公式サイトwww.groovejones.comをご覧ください。

施設型VRや5Gなどテーマのセミナー開催、ハシラス・NTT・ソフトバンク

2018/09/26 17:00 イベント情報

デロイトトーマツが調査レポート公開、VR/ARへの関心トップは引き続き「ゲーム」

2018/09/26 17:00 投資