デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

HTC、欧米市場に向けたグーグルとの一体型VRヘッドセット開発を中止か

HTCは、11月14日北京にて中国市場向けの一体型VRヘッドセットVive Focusを発表しました。一方、欧米市場向けには、GoogleのDaydreamプラットフォーム向けに一体型VRヘッドセットを開発していましたが、その開発が中止された可能性が高いことが明らかになりました。

この事実は米メディアTech Crunshが報じたもので、GoogleのVR/AR担当副社長Clay Bavor氏はTwitterでその事実を認めています。

なお、HTCの公式見解は、現時点では中国向けの一体型VRヘッドセットの投入に集中しDaydream対応VRヘッドセットについての発表は行わないこと、欧米市場向けの新製品投入は2018年になること、となっています。

GoogleもHTCも両社間の強いパートナーシップを維持することを認めてはいますが、2018年に発表されるとされているHTCのヘッドセットがDaydream対応のものとなるかは不明であす。Bavor氏の発言を鑑みると開発が中止された可能性が高いと考えられます。

Daydreamは、Googleが2016年から展開しているモバイル向けの高品質なVRプラットフォームです。2017年春にはスマートフォンだけでなく、位置トラッキングを搭載した一体型VRヘッドセットを発表していました。位置トラッキングにはGoogleの技術であるWorldsenseテクノロジーを使用し、高品質な位置トラッキングを実現する、としています。

https://www.youtube.com/watch?v=aJD34uGPQf8

HTCとLenovoとのパートナーシップで発売されるとしており、HTCのモデルは2017年中の発売を目指すとしていました。Bavor氏によれば、Lenovoによる一体型VRヘッドセットの開発は継続しており、「近いうちに発表を行う」とのこと。

ハードウェアメーカーとプラットフォーム間の複雑な関係は今後も続きそうです。

(参考)
https://techcrunch.com/2017/11/13/htc-cancels-u-s-release-of-wireless-vr-headset-built-on-google-tech/amp/

KDDI、サッカー日本戦でVRを用いた観戦体験を提供

2017/11/14 16:12 イベント情報

VR体験会「JapanVR Fest 2018」開催 出展作募集中

2017/11/14 16:12 イベント情報