デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

新しい技術であることを言い訳にしない――集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

開発

2021/11/24 19:00 Sponsored

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

複雑な工程も簡単に、見ながら作業で効率向上……マイクロソフト「HoloLens」活用

鉄道車両整備や点検を行う堀江車輌電装株式会社は、MRデバイス「HoloLens」を活用したデジタルマニュアルを作成しました。作業者はHoloLensを装着し、マニュアルを見ながら車両整備の作業工程を行います。


(デジタルマニュアルは技術承継、および社員教育で活用される)

堀江車輌電装は、ユニットブレーキの分解・洗浄・組み立てに関する127の作業工程をデジタルマニュアル化。紙の手順書を作成した当時と現在とでは内容が異なっていることや、現場で確認する際にうまくめくれず使いにくいことが課題となっていました。

MRデバイスを使ったデジタルマニュアルの導入により、これらの課題を解決。試験的に使用したところ、「教育担当者が現場を離れられないとき、新人ひとりでも作業内容を学べる」「作業工程の一部分だけを復習することができ、効率よく覚えられる」という声があがっています。今後、堀江車輌電装はデジタルマニュアルを使用するデバイスにHoloLensのほか、iPadやスマートグラスなども検討していく、としています。

(参考)堀江車輌電装株式会社 プレスリリース


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

世界最大級のフェス「バーニングマン」バーチャル開催、9月6日まで

2020/09/02 19:00 イベント情報

キヤノンが「どの角度からでも見れる」映像のスタジオ開設、エンタメなどで活用

2020/09/02 19:00 業界動向