デイリーランキング

VR用回転チェアを開発中のRoto、186万ドルを資金調達

投資

2020/04/07 11:30

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

業界動向

2020/04/03 11:00 Sponsored

「ポケGO」のNianticがARクラウドの6D.aiを買収、フェイスブックはマイクロLEDメーカーと独占契約 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/04/06 08:00

指で操作 VR用ハンドコントローラー「Etee」がクラファン中

テック

2020/04/05 12:00

自宅で楽しく学べるARアプリ、コロナ流行受けコンテンツの無償提供を開始

業界動向

2020/04/07 18:31

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

MRデバイス「HoloLens」を使いP2Pでマルチプレイ

Microsoftの開発しているMRデバイス「HoloLens」を用いて、P2P(サーバーを介さないデバイス間通信)のマルチプレイを実現した動画が公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=P1XkEeWA4u8

設置したホログラムを共有

HoloLensは現在北米限定で開発者キットが販売されています。製品版にはまだ遠い段階。同デバイスは多くのVRヘッドセットと違いゲームが主眼ではありませんが、様々な開発者の手によってHoloLensを用いたAR/MRゲームが探求されています。

エンジニアであるImran Shafiq氏は、今回サーバーを用いないP2P方式でHoloLensをつなぎ、マルチプレイのデモを実施する様子を動画として公開しました。

同氏は他にも机上でタンクゲームができる『Holo Tanks』といったHoloLens向けゲームを公開しています。

デモでは、まず1台目のHoloLensで床にゲームボードを設置。2台目のHoloLensを被り1台目との通信が完了すると、同じ位置にボードが出現します。

今回のデモでは実際に2人でゲームを遊ぶ様子は見られませんが、今後の開発が楽しみです。

HoloLens

HoloLensではすでにたくさんのゲームアプリが公開されており、今後も多様なAR/MRゲームが開発されることは間違いありません。

VRでもテーブルをVRの中で再現することでボードゲームのような遊びはできますが、MRは現実のコンポーネントと組み合わせられるのが強みです。

例えばカードゲームで対戦しながらカードの上に戦うモンスターが浮かび上がるコンテンツなど、HoloLens×マルチプレイには様々な可能性が感じられます。今回のデモではデバイスのみで通信できるP2P方式を採用しているため、簡単にマルチプレイをすることができるのもメリット。

今後、HoloLensゲームに注目です。

(参考)
VR Focus / HoloLens Multiplayer Demo Revealed(英語)
https://www.vrfocus.com/2016/08/hololens-multiplayer-demo-revealed/

※Mogura VRはVR Focusのパートナーメディアです


【Moguraのイベント情報】
パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会(5月以降予定、全3回)


【Moguraのイベント情報】
パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会(5月以降予定、全3回)


【CEDEC2016】デバイスを使わないVR 子供たちが屋内で砂浜を体験するには

2016/09/01 07:42 テック

実写360度映像の中を動けるVRカメラ「Lytro Immerge」

2016/09/01 07:42 テック

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集