デイリーランキング

キヤノンから軽量小型のMRデバイス「MREAL S1」2月下旬に発売

テック

2021/01/26 19:04

VRは採用活動に好影響、調査結果が公表

統計・データ

2021/01/26 12:01

NTTがVR/MR会議システム、日本企業がARグラス基礎技術開発 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/01/25 08:00

フェイスブック、VR製品開発は「プライバシー最優先」へ転換?

業界動向

2021/01/27 13:01

アップルのVRヘッドセットが2022年登場か ハイエンド市場狙う

業界動向

2021/01/22 10:40

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

マイクロソフト、HoloLensを活用した建設業向けプロジェクトを発表

日本マイクロソフト株式会社と小柳建設株式会社は、MR(複合現実)デバイス「Microsoft HoloLens(以下 HoloLens)」を活用したプロジェクト「Holostruction」において連携したことを発表しました。

本プロジェクトは、現実の目の前の世界と3Dのホログラムの世界を融合させたMRを体験できるHoloLensを活用しています。

MR技術によって現実世界に人工的な仮想世界の情報を取り込み、建設業における計画・工事・検査の効率化、および、アフターメンテナンスのトレーサビリティを可視化することを目標とし、業務生産性などの向上を目指しているとのことです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=dW1amJLDwuQ

HoloLensを活用した小柳建設のコンセプトモデルの概要

今回発表された内容では、以下の3つのコンセプトモデルの開発が進められています。

1.業務トレーサビリティ向上を推進

事業や業務の透明性を確保するために、計画、工事、検査、アフターメンテナンスの全てを表現するツールとしての活用を目指しているとのこと。

2.BIM / CIM データの活用試行

建設現場における工事の検査において、設計図を3Dで可視化しつつ、検査に必要なデータや文書も一緒に格納し、必要な時にすぐ表示できる仕組みを開発。

3.新しいコミュニケーションアイデアの試行

HoloLensにより3Dの図面を映す機能や現場視界を共有する機能を実現、実物大の1/1スケールで現場を映します。物理的な場所にとらわれず状況を確認したり、建設重機や作業員の配置を計画段階からシミュレーションするなどの機能も開発しているとのこと。

なお、以前マイクロソフトが公開したHoloLensの活用で仕事や生活がどのように変わったか紹介するトレーラーでは、勉学やゲーム開発、デザイナーや医学など、幅広い方面に新しい可能性を生み出す様子が紹介されています。

(参考)
http://n-oyanagi.com/

https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens


【読者アンケート】
・Mogura VRの読者アンケート実施中、抽選でオリジナルグッズプレゼント!

【注目の記事】
・ビジネスへのMR導入ヒントが盛りだくさん、「Mixed Reality Dev Days Japan」レポート

世界的人気VRゲーム『Job Simulator』制作者の講演も  「TOKYO SANDBOX 2017」が5月開催

2017/04/20 18:30 イベント情報

「脳で書く」「皮膚で聴く」フェイスブックが考えるコンピューティングの未来【後編】

2017/04/20 18:30 活用事例