デイリーランキング

8KのVRヘッドセット「XTAL」、米空軍でも採用

活用事例

2020/01/14 19:00

マスターカードのARアプリが登場、カード特典の利用を促進

活用事例

2020/01/15 19:04

VR中の脳波測定モジュール、299ドルで発売 ユーザー体験向上に

テック

2020/01/15 11:30

介護者向けVR訓練のスタートアップが320万ドル調達 出資者に注目

投資

2020/01/16 11:30

パナソニックが眼鏡型VRデバイスのプロトタイプ発表、実機体験レポートも ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/14 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ARスポーツ『HADO』のmeleap 総額3億円を調達 海外展開強化

ARスポーツ『HADO』を展開する株式会社meleapは、総額3億円の資金調達を行ったことを発表しました。

今回の資金調達は、『HADO』の海外展開を進めるためにアメリカのロサンゼルスの、マレーシアのクアラルンプールに支社を作り、店舗開拓と顧客サポートの体制の強化することが目的。また、HADO以外のARを使った新競技も開発を進めており、来年のリリースに向けて開発体制を強化していくとのことです。

出資元は、インキュベイトファンド、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルです。各社ごとの出資額は公表されていません。

ARスポーツ『HADO』とは

『HADO』は、現実世界を舞台としつつ、魔法のような技で撃ちあうARスポーツです。頭にスマートフォン用のヘッドマウントディスプレイと腕にアームセンサーを装着します。

遊び方は3対3のチームに分かれ、攻撃の「エナジーボール」や、防御の「シールド」などを駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。

『HADO』は現在、『HADO MONSTER BATTLE』や『HADO SHOOT!』などのHADOシリーズも含めると常設店舗数は世界9ヶ国、25店舗展開しています。

12月3日には、HADOの世界大会「HADO WORLD CUP 2017」が開催。最大6ヶ国からの選抜チームが集い、賞金総額は300万円をかけて戦います。そのほか、MoguraVRでは、HADOに関する情報を下記記事にてまとめています。

話題のARを使ったテクノスポーツ『HADO』とは?体験場所も紹介
http://www.moguravr.com/ar-hado/

なお下記動画は、投資家合同ミーティング時に行われた、meleapファウンダーチーム(福田氏・新木氏)と投資家チーム(DBJキャピタル河合氏・インキュベイトファンド和田氏)のHADOバトルの様子とのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=stDlyoWVR-8

(参考)
ARスポーツ「HADO」を開発する株式会社meleapが3億円の資金調達を実施 / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000020005.html


日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #84

2017/11/06 11:12 活用事例

VR/ARの規格標準化を目指す「OpenXR」マイクロソフト参加

2017/11/06 11:12 活用事例

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集