デイリーランキング

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

VR内で設計・デザインできる「The Wild」Oculus Quest版がリリース、マルチユーザーにも対応

活用事例

2019/07/19 12:00

未来の乗り物をVRで体験 イーロン・マスクの次世代交通システム「ハイパーループ」

シミュレーション・接客

2019/07/19 11:45

マイクロソフトの「Remix 3D」終了へ

業界動向

2019/07/19 12:30

Unity公式カンファ「Unite Tokyo 2019」講演情報が一部公開、医療×VR活用事例やVRアニメ制作ツールなど

セミナー・カンファレンス

2019/07/18 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ハコスコ、シニア向けのVR活用を推進する新規事業開始 登嶋健太氏と協働

株式会社ハコスコは、同社のVRプラットフォームを利用した健康促進と認知症や精神疾患などの予防をめざすブレインヘルス事業「GoodBrain」を始動する旨を発表しました。

「GoodBrain」はシニアとビジネスに向けた2つのサービスで構成。シニア向けの「GoodBrain シニア」は受付を開始し、事業者を対象とした「GoodBrain ワーク」は今夏にサービス提供予定とのことです。「GoodBrain シニア」の利用料金は月額2万円からとなっています。

「GoodBrain シニア」は、「福祉×VR」をテーマに、高齢者向けのリハビリでVRを活用するクリエイターとして活動している登嶋健太氏とハコスコが開発した「VRレクリエーション」のプログラムを体系化したものです。

サービス内容は、VR旅行など、VRゴーグルと360度映像を使い、参加者がまるでその場を旅行しているかのような体験をすることで、「記憶の想起や会話のきっかけづくりや、運動を促進する」としています。同サービスは、すでに介護施設などで利用されており、今後、高齢者施設や地方自治体などを通じて全国展開していくとのことです。

「GoodBrainシニア」VRレクリエーション概要

対象者

高齢者向け施設、地方自治体

料金

月額2万円〜(5名から利用可能)

内容

所要時間:約1.5時間
・複数人同時に体験可能な「VR旅行体験」
・アンケート
・スタッフ(参加人数により2名〜)

開発者・監修

・プログラム開発者:登嶋健太氏
・システム開発者 医学博士:藤井直敬氏(ハコスコ代表取締役 デジタルハリウッド大学教授 VRコンソーシアム 代表理事)
・監修:古賀良彦氏(杏林大学 名誉教授 日本ブレインヘルス協会理事長)

公式サイト

https://goodbrain.jp/

問い合わせ

https://goodbrain.jp/contact/

(参考)GoodBrain





PC向けVR作品をスマホにストリーミング、「VRidge」がiPhone対応へ

2019/05/15 11:00 ゲーム・アプリ

フランスのVRトレーニング企業が約7,400万円調達、狙うは“法人向け”

2019/05/15 11:00 投資