デイリーランキング

視線追跡搭載の「VIVE Pro Eye」6月28日発売、中国発の“分離型”VRデバイス登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/06/24 08:00

VIVE COSMOS、デザインが発表 トラッキング用のカメラは6基に

VIVE

2019/06/21 23:32

ウェブで3Dモデルをグリグリ動かす グーグルがフォーマットやツールを発表

テック

2019/06/24 11:00

一体型VRヘッドセットの現状や将来性、開発のポイントを語るイベント デジハリで7月18日開催

業界動向

2019/06/24 12:00

人混みを気にせず“モナ・リザ”を見れる ルーブル美術館がVR導入

活用事例

2019/06/21 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「VRオープンワールドRPG」開発を目指す gumiが米ゲーム会社に約5億円出資

株式会社gumiは、同社の連結子会社であるVR事業会社「gumi VR」より、アメリカのゲーム開発会社inXile Entertainment(以下、inXile)に総額450万ドル(約5億円)の出資を行いました。

ゲーム企業 inXileとは

inXileは、IDGが発行するマガジン「PCWorld」にて、2014年に「Game of the year」に選出された『Wasteland 2』、毎年170社以上が参加するゲームアワードである「Develop Awards」にて2017年の受賞候補となっている『Torment: Tides of Numenera』および現在Oculus storeで配信されているVRダンジョンゲーム『The Mage’s Tale』などの開発実績を有するゲーム開発スタジオです。

本出資金の活用で、全プラットフォームにローンチ予定のオープンワールドサバイバルRPG VRゲーム(現在非公開)の開発を実施する予定とのこと。本出資を通じinXileとの戦略的な提携を図り、VRにおける事業展開を加速させる狙いです。

inXileのCEO Brian Fargo氏は「オープンワールドサバイバルジャンルは非常に魅力的に感じており、VRでこのジャンルのゲームを提供することで、強力かつ素晴らしい体験を提供することが出来ます。独自のストーリーテリングとRPGの開発経験を活用し、このジャンルの価値を更に高められると信じています」とコメントしています。

またgumi代表取締役社長の國光氏によると、inXileは1年の間で新たなメンバーを迎え入れ、ゲームのターゲットをシングルプレイからマルチプレイヤーオンラインゲームに変化させたとのことです。

VR事業への注力

gumiは2017年6月にもVRゲームスタジオPlaysnakに120万ドルの投資を行っています。加えて2017年3月にはVR開発会社の「よむネコ」をグループ会社化しており、VR作品の開発に注力していく姿勢が伺えます。

(参考)
https://gu3.co.jp/news/archives/8704/

成長するVRゲーム産業 単一のストアで売上1億円超も

2017/07/13 15:49 活用事例

au、様々なアーティストの360度ライブ動画を提供するサービスを開始

2017/07/13 15:49 VR動画