デイリーランキング

VTuberゴルンノヴァ総統が引退、「またどこかで、私の魂と皆さんが邂逅することもあるでしょう」

VTuber

2019/07/17 18:30

「にじさんじチョコ」が全国のローソンで発売決定 全40種のシール・4種類のAR特典付き

VTuber

2019/07/18 19:15

ゲーム部プロジェクト、声優交代について公式発表 今後全員の交代が決定

VTuber

2019/07/18 12:15

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

キズナアイ、bilibiliの大型ライブイベント「Macro Link VR」への出演を発表 白上フブキ、ヒメヒナも登場

VTuber

2019/05/15 12:45

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

GoProの360度撮影システムOmniの価格は一式で61万円。単品で18.4万円。予約を受付中

GoPro Omni

GoProは、ラスベガスで開催中の放送電子機器のイベントNABに合わせて4月17日、GoPro6台を組み合わせて360度動画を撮影するためのシステムOmniの詳細と価格を発表しました。翌4月18日から予約を受け付けています。

Omniは、GoProの最高機種HERO4 Blackを6台使用する360度撮影システム。各カメラの解像度は4K。最高で8Kの画質の360度映像になります。

パッケージには、カメラを配置するためのリグやバッテリー、リモコンなどとともに編集用のKolorソフトウェア・ライセンスが付属します。

GoPro Omni

手軽に360度撮影が可能なRICOH THETA SではフルHDレベルの画質が最高という状況。GoProを6台組み合わせての360度撮影はプロの撮影ではおなじみのもの。今回のOmniも8Kの撮影ができる機材ということでプロユースを前提としたものになります。

なお、一式を購入すると614,700円。カメラを組み合わせるリグ単体では184,000円。4月18日より予約を受け付けています。

プロ向け360度撮影機材は、GoogleのJUMPやNokiaのOZOなどを筆頭に100万円を超えるものから、GoProのOmniのように数十万円台のもの、ROCH THETA Sのように数万円で手に入るものなど様々なものがあります。

VRの普及と両輪の役割を果たしている360度映像。撮影機材は今後も様々な種類が登場しそうです。

(参考)
OMNI Is Here – GoPro News
https://jp.gopro.com/news/omni-is-here





InsomniacがおくるシリアスなVRアクションアドベンチャー『Edge of Nowhere』の配信日は6月6日に決定

2016/04/22 07:30 ゲーム・アプリ

海に潜ってクジラやイルカたちの声を聴く、Vrseが海中のVR映像『The Click Effect』を公開

2016/04/22 07:30 VR動画