デイリーランキング

人気VTuber総勢40名以上が夢の共演、「REALITY FESTIVAL 2 >DIVE」開催決定!

VTuber

2019/03/25 18:00

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年3月版)

Oculus Quest

2019/03/24 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(3月15日~3月22日)

VTuber

2019/03/24 19:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール14選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

GoogleのARアプリ『Just a Line』で空中にメモやお絵描きしよう

最新のAndroidスマートフォンでは、現在「ARCore」と呼ばれるAR(拡張現実)機能がサポートされています。GoogleはARCoreを用いたアプリの一つとして、空中に立体的な線を描くことができるAndroidアプリ『Just a Line』をリリースしました。



スマホを動かして立体的に線を引く

Android向けARドローイングアプリ『Just a Line』は、Google Creative LabとUncorked Studiosによって制作されました。スマートフォンの画面をなぞって線を引くことができ、スマートフォンを手前や左右に動かしていくことで、画面内だけでなく、周辺の空間で立体的に線を描いていくことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=M5zxNMAQVR0

『Just a Line』はGoogleの実験的なARアプリの一つであり、白い線を空中に描く、完成したら短い動画としてSNSにシェアする、といったシンプルな内容になっています。

しかし、現実世界の空中に自由に線を引けるという体験は、様々なARアプリへ応用できる可能性を秘めています。本アプリはソースコードがGitHubでも公開されており、ARCoreを用いたAndroidアプリのスタータープロジェクトとして改変・利用することができます。

本アプリにはARCore機能が用いられているため、現在一部の対応するスマートフォンのみで利用することができます。GoogleのPixelシリーズ、Samsung Galaxy S7以降のモデル、OnePlus 5、LG V30、Asus Zenfone ARなどがARCoreに対応しています。

『Just a Line』は、こちらのページから無料でダウンロードできます。

iOSでもARドローイングアプリが配信

ARCoreはAndroidスマートフォン向けのAR機能ですが、一方iPhoneやiPadでも、ARKitと呼ばれるAR機能がリリースされています。iOSでも、『Just a Line』に近いアプリとして『Paint Space』というアプリが配信されています。

目の前の空間に絵を描こう iOS向けARペイントアプリ『Paint Space』

目の前の空間に絵を描こう iOS向けARペイントアプリ『Paint Space』

MoguraVR

スマートフォン向けAR機能を活用することで、Amazonアプリでの商品の試し置き機能顔認識と組み合わせたバーチャルYouTuber配信アプリなど、様々なARアプリが登場しています。これらのAR機能では特別なセンサーを用いていないため、最新のスマートフォンが普及するにつれ、より多くの人がAR機能を手軽に利用できるようになるでしょう。

(参考) Just a Line公式サイト

複合現実で開発者向け施設ガイダンス、ホロラボら開発

2018/03/23 19:30 ビジネス活用事例

AR/VR活用でアニメキャラを現実に投影 中京テレビらが実施

2018/03/23 19:30 イベント情報