ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.03.23

GoogleのARアプリ『Just a Line』で空中にメモやお絵描きしよう

最新のAndroidスマートフォンでは、現在「ARCore」と呼ばれるAR(拡張現実)機能がサポートされています。GoogleはARCoreを用いたアプリの一つとして、空中に立体的な線を描くことができるAndroidアプリ『Just a Line』をリリースしました。



スマホを動かして立体的に線を引く

Android向けARドローイングアプリ『Just a Line』は、Google Creative LabとUncorked Studiosによって制作されました。スマートフォンの画面をなぞって線を引くことができ、スマートフォンを手前や左右に動かしていくことで、画面内だけでなく、周辺の空間で立体的に線を描いていくことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=M5zxNMAQVR0

『Just a Line』はGoogleの実験的なARアプリの一つであり、白い線を空中に描く、完成したら短い動画としてSNSにシェアする、といったシンプルな内容になっています。

しかし、現実世界の空中に自由に線を引けるという体験は、様々なARアプリへ応用できる可能性を秘めています。本アプリはソースコードがGitHubでも公開されており、ARCoreを用いたAndroidアプリのスタータープロジェクトとして改変・利用することができます。

本アプリにはARCore機能が用いられているため、現在一部の対応するスマートフォンのみで利用することができます。GoogleのPixelシリーズ、Samsung Galaxy S7以降のモデル、OnePlus 5、LG V30、Asus Zenfone ARなどがARCoreに対応しています。

『Just a Line』は、こちらのページから無料でダウンロードできます。

iOSでもARドローイングアプリが配信

ARCoreはAndroidスマートフォン向けのAR機能ですが、一方iPhoneやiPadでも、ARKitと呼ばれるAR機能がリリースされています。iOSでも、『Just a Line』に近いアプリとして『Paint Space』というアプリが配信されています。

目の前の空間に絵を描こう iOS向けARペイントアプリ『Paint Space』 | Mogura VR

目の前の空間に絵を描こう iOS向けARペイントアプリ『Paint Space』 | Mogura VR

MoguraVR

スマートフォン向けAR機能を活用することで、Amazonアプリでの商品の試し置き機能顔認識と組み合わせたバーチャルYouTuber配信アプリなど、様々なARアプリが登場しています。これらのAR機能では特別なセンサーを用いていないため、最新のスマートフォンが普及するにつれ、より多くの人がAR機能を手軽に利用できるようになるでしょう。

(参考) Just a Line公式サイト

この記事を書いた人

フォルト

力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

Twitter:@FoltTenor

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース