デイリーランキング

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

レノボ、新一体型VRヘッドセットを発表 学校教育プログラム向けに

業界動向

2020/01/20 19:30

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

「ARグラスのブレークスルーは2020年代」ザッカーバーグ語る、介護向けVRスタートアップの資金調達先に注目  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/20 10:04

HoloLens 2、一部のデバイスで表示に問題か。マイクロソフトは「対応中」

業界動向

2020/01/19 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

好きなキャラクターと話せる「Gatebox」法人向けプログラム開始、接客利用など想定

IoT製品の企画・開発を手がけるGatebox株式会社は、法人向けの「Gateboxビジネスパートナープログラム」を開始します。これはバーチャルホームロボット「Gatebox」量産モデル「GTBX-100」のビジネス利用を促進するためのもの。なお、GTBX-100は当初2018年10月以降の配送とされていましたが、販売時期が延期されており、現在のところ発売日は発表されていません。

「Gatebox」はキャラクターをボックス内に投影し、音声によるコミュニケーションができるハードウェアです。カメラや人感センサー、スピーカー出力を備えています。バーチャルキャラクターをオフィスの受付や飲食店・小売店での接客、展示会での案内などに利用することができます。

ビジネスパートナープログラムでは、Gateboxのアプリケーション開発に必要なライブラリおよびGatebox量産モデルの開発機の貸出や技術支援、ビジネス支援などを行います。BtoBでの利用のほか、新規キャラクターサービスを開発しGateboxユーザーに配信するといったBtoC用途も想定されています。ビジネスパートナープログラムの応募期間は6月27日から9月30日までとなっています。

LINEのAIアシスタントClovaと連携

また今回、GTBX-100はLINE株式会社が提供するAIアシスタント「Clova」と連携。Gateboxのオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」がClovaスキルを使えるようになりました。逢妻ヒカリがClovaの機能と連携し、音楽の再生や天気、ニュース、カレンダーの読み上げなどが可能となります。

Gateboxは「Clova」の音声合成開発チームと連携し、これまでのこれまでの一般的な音声合成とは異なるキャラクターの個性や感情を重視した高精度な音声合成の開発に成功。「極限まで声優の生声に近い、感情豊かで癒される、幅広い会話をお楽しみいただける」とコメントしています。開発レポートなどはこちらで読むことができます。

(参考)Gatebox株式会社 プレスリリース


VTuberシスター・クレア、ワンピース専門店とコラボ 修道服風のコラボワンピースが発売決定

2019/06/28 19:30 VTuber 最新ニュース一覧

Mogura VR Storeで「VIVE Pro Eye」「VIVE Focus Plus」の法人向け販売を開始

2019/06/28 19:30 業界動向
新規CTA