ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

現地に行かずに現場検証 VRとフォトグラメトリーで完全再現  

火災は一度起きると取り返しの使いないことですが、現場を検証してその被害額を算出しなければいけません。現場検証にVRを使い「現地に行かずに検証を行う」ソリューションが米国で登場しました。

米国で科学調査を行うDonanは、3Dスキャン技術を有するスタートアップMatterportと提携し、火災現場の検証をVRヘッドセットなどのデバイスで行えるようにするツールを導入することを発表しました。

https://www.youtube.com/watch?v=cSX5_fHChFs

フォトグラメトリーで遠隔でも現場を「体験」

Matterportは、現実空間を3Dスキャンするフォトグラメトリー技術を展開しています。

フォトグラメトリーは、写体を複数のアングルから撮影した静止画から高精細な3Dオブジェクトを作成する技術です。解像度と没入感が非常に高いコンテンツを制作することができます。フォトグラメトリーで構築された現実のコピーはCGデータです。360度動画と異なり、自由に移動したり、インタラクティブなことも(設定すれば)可能になります。

全米を移動して現場に向かうDonanの調査員は、Matterportのカメラを持ち空間をスキャン。クライアントは火災現場の様子をインタラクティブな3Dコンテンツとして見ることができます。端末はVRヘッドセットに加えてデスクトップアプリやモバイルアプリでも可能とのこと。

スキャンされたシーンは、被害額を算出するためのプロセスで必要となる文書作成で使えるようになっています。再現されたシーンの中で写真(スクリーンショット)を撮ることで、その写真を元に、保険会社は火災によって生じた損失を見積もるレポートを書くことができ、工程が簡単になるとのこと。フォトグラメトリーの精度が高く、高画質であることに自信を持っていることが伺えます。

放火など違法行為の疑いがある場合、スキャンされたシーンは裁判の場で陪審員が現場の要することにも使える、としています。

Donanの公式サイトでは、3Dスキャンされた火災現場のサンプルをブラウザで見ることができます。

(参考)Road to VR

この記事を書いた人

すんくぼ(久保田 瞬)

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。Boothにて書籍「寝転んでNetflixを観ると、 VRの未来が見える」販売中

Twitter:@tyranusii

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

Insta360 Pro/Pro2 体験説明会 Advertisement

VR/AR/MR 用語集