デイリーランキング

もし街の中心に原爆が投下されたら?教育用VRプログラム「Nukemap VR」

シミュレーション・接客

2019/08/19 12:00

“デバイス不要のVR”目指す企業が約30億調達、VR手術訓練は効果大と立証  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/08/19 08:00

75gの軽量MRグラス「GLOW」登場 nreal lightに対抗か

AR/MR

2019/08/19 11:30

“視線追跡×VR”でマーケティング調査、ユニ・チャームが新商品で活用

プロモ・マーケティング

2019/08/20 11:30

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

現地に行かずに現場検証 VRとフォトグラメトリーで完全再現  

火災は一度起きると取り返しの使いないことですが、現場を検証してその被害額を算出しなければいけません。現場検証にVRを使い「現地に行かずに検証を行う」ソリューションが米国で登場しました。

米国で科学調査を行うDonanは、3Dスキャン技術を有するスタートアップMatterportと提携し、火災現場の検証をVRヘッドセットなどのデバイスで行えるようにするツールを導入することを発表しました。

https://www.youtube.com/watch?v=cSX5_fHChFs

フォトグラメトリーで遠隔でも現場を「体験」

Matterportは、現実空間を3Dスキャンするフォトグラメトリー技術を展開しています。

フォトグラメトリーは、写体を複数のアングルから撮影した静止画から高精細な3Dオブジェクトを作成する技術です。解像度と没入感が非常に高いコンテンツを制作することができます。フォトグラメトリーで構築された現実のコピーはCGデータです。360度動画と異なり、自由に移動したり、インタラクティブなことも(設定すれば)可能になります。

全米を移動して現場に向かうDonanの調査員は、Matterportのカメラを持ち空間をスキャン。クライアントは火災現場の様子をインタラクティブな3Dコンテンツとして見ることができます。端末はVRヘッドセットに加えてデスクトップアプリやモバイルアプリでも可能とのこと。

スキャンされたシーンは、被害額を算出するためのプロセスで必要となる文書作成で使えるようになっています。再現されたシーンの中で写真(スクリーンショット)を撮ることで、その写真を元に、保険会社は火災によって生じた損失を見積もるレポートを書くことができ、工程が簡単になるとのこと。フォトグラメトリーの精度が高く、高画質であることに自信を持っていることが伺えます。

放火など違法行為の疑いがある場合、スキャンされたシーンは裁判の場で陪審員が現場の要することにも使える、としています。

Donanの公式サイトでは、3Dスキャンされた火災現場のサンプルをブラウザで見ることができます。

(参考)Road to VR


キズナアイのオリジナル曲、第4弾が配信! iTunesのカテゴリ別チャートでは3曲連続1位

2018/11/16 11:00 VTuber 最新ニュース一覧

「4年以内に、VRは次の段階へ」VR研究開発の最前線からの見通し

2018/11/16 11:00 業界動向