デイリーランキング

VTuberグループ「にじさんじ」のいちから、伊藤忠やSMEから約19億円調達

投資

2020/04/14 12:00

コロナでVRユーザー“急増”か、Oculus Questのハンドトラッキングが正式リリース ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/05/25 08:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VTuberの楽器演奏に現実の運指を反映、ドワンゴとバーチャルキャストが開発

株式会社ドワンゴおよび株式会社バーチャルキャストは、現実の電子楽器の演奏をバーチャルキャラクターの指の動きに反映させる「運指再現技術」を独自開発、公式生放送での運用に成功した旨を発表しました。現実の鍵盤からMIDIデータを認識し、その鍵盤を鳴らしているバーチャルキャラクターの指へと、ほぼリアルタイムで動きを反映させます。

この技術は、ニコニコ生放送で9月8日に配信された、VTuber(バーチャルユーチューバー)ときのそらのデビュー1周年記念特番におけるピアノ演奏で運用されました。

バーチャル空間で楽器演奏の表現を可能に

今回発表された「運指再現技術」は、現実の環境で叩かれた鍵盤から出たMIDI(電子楽器用信号)データを認識し、その音の対象となるバーチャルキャラクターの指の動きをほぼリアルタイム(1秒程度のタイムラグ)で反映させる技術です。これにより、バーチャル空間での楽器演奏などにおいて、キャラクターの手先の動きを実際の人物の動きのように再現・反映することが可能になりました。

この技術は、9月8日に放送されたVTuber・ときのそらのニコニコ生放送デビュー1周年記念番組で初めて採用され、ときのそらがバーチャル空間に設置されたキーボードの演奏に成功しています。手元をフォローした映像では、鍵盤を叩く指1本ずつの動きが映像に反映されています。

ドワンゴおよびバーチャルキャストは、この技術によりキーボードなどに限らない楽器の演奏など、バーチャルキャラクターのより高度な表現が可能になったとしており、「今後もバーチャルキャラクターの表現力を高める技術の開発を進めていく」とコメントしています。



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


加速度体感デバイスでVRアクション、「ソード・オブ・ガルガンチュア」TGS出展

2018/09/14 20:02 ゲーム・アプリ

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

2018/09/14 20:02 VTuber 最新ニュース一覧