デイリーランキング

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.21

メタバース

2022/01/14 14:55

VR/ARでの利用も視野、「電子コンタクトレンズ」を開発するInWith

テック

2022/01/11 11:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

不動産内見の最新スタイル! 東急不動産とハシラスが実現した「VRモデルルーム」

活用事例

2022/01/14 17:00 Sponsored

VRモデリングツール「Microsoft Maquette」が開発中止へ

業界動向

2022/01/11 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Epic Gamesが「Unreal Engine 5」発表、PS5上での動作デモ公開

Epic Gamesは新ゲームエンジンUnreal Engine 5(UE5)を発表、次世代ゲーム機「PlayStation 5(プレイステーション5、PS5) 」で動作させたリアルタイムデモ映像「Lumen in the Land of Nanite」を公開しました。

デモで2つの新技術を紹介

Epic Gamesが公開したデモでは、UE5で利用可能になる2つの新しいコア技術「Nanite」「Lumen」が使用されています。

https://www.youtube.com/watch?v=JhvsJ30Kl4c

Naniteは“仮想化マイクロポリゴンジオメトリ”と呼ばれる技術。本技術によって、数億から数十億ポリゴンの映画品質のデータをUEに直接インポートできるように。ZBrushのスカルプトやフォトグラメトリスキャンからCADデータまで利用可能となっており、ユーザーはポリゴン数やメモリ、ドローカウントを気にすることなく制作できます。

Lumenは“完全に動的なグローバルイルミネーションソリューション”と紹介されている技術です。ミリメートルからキロメートルまでの規模の環境において、無限のバウンスと間接スペキュラ反射を利用し、ディフューズ相互反射をレンダリングします。たとえば、時間経過による太陽角度の変化や懐中電灯の点灯、天井に穴を開ける爆破などに対して、間接ライティングが適応的に変化します。本技術は、レイトレーシング向けの特別なハードウェア等を必要としません。

2021年初頭にプレビュー版を公開予定

UE5は2021年初頭にプレビュー版が公開、2021年後半にはフルリリースを予定。次世代コンソール、現世代コンソール、PC、Mac、iOS、Androidをサポートするとのこと。またEpic Gamesが開発する人気ゲーム「フォートナイト(Fortnite)」は2021年中期に現行のUE4からUE5に移行する、としています。

なお、Epic Gamesはゲームからの収入が100万ドルに到達するまでUEのロイヤリティを免除することを発表。新しいライセンス条項は、遡って2020年1月から適用されます。詳細についてはこちらで確認できます。

(参考)Unreal Engine


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

第5回「バーチャルマーケット」開催日決定! ティザーサイトも公開

2020/05/14 12:30 イベント情報

でびでび・でびる カンヌ国際映画祭受賞監督と対談 ミニシアター基金呼びかけ

2020/05/14 12:30 にじさんじ
VR/AR/MR 用語集