デイリーランキング

【ドラクエウォーク】12月9日までの「どこでもメガモンスター」スケジュール発表

ドラクエウォーク

2021/11/29 13:33

Ksonが生配信の“投げ銭”をテーマにITジャーナリストと対談 「なぜ人は推しに投げ銭をするのか?」

話題

2021/11/29 13:40

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(11月20日~11月26日)

VTuber

2021/11/28 19:30

志望者必読! VTuberオーディション情報まとめ【2021年11月】

VTuber

2021/11/26 19:02

VTuber制作のVRサンドボックスゲーム 早期アクセス版の発売日が決定!

ゲーム・アプリ

2021/11/29 13:47

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

中田敦彦さんも満足できる? アバターを表情豊かにできるツールを一挙紹介

4月からのアバター活動宣言を撤回し、様々な文化人から賛否両論が寄せられたお笑い芸人の中田敦彦さん。その撤回理由は「(リアルの)中田敦彦は顔出しに向きすぎていた(中略)表情とか演技とか動きとかの芝居自体が、アバターにやらせるのが不可能」と説明しました。

中田敦彦が顔出し引退を撤回 アバター化に失敗したその理由 | Mogura VR

中田敦彦が顔出し引退を撤回 アバター化に失敗したその理由 | Mogura VR

MoguraVR

実際、4月2日に公開されたアバター紹介動画で、中田さんは「N」というマークのアバターで登場。表情のトラッキングなどは無く、感情のリアクションはすべて記号で表現。両腕のアクションもありませんでした。


(中田敦彦さんが発表したアバター。表情などは反映されず、「N」という記号的なデザイン)

このアバターを選出した理由について、中田さんは「自分の動画の情報が多いのでアバター自体の情報量は少なめでいい」と語っていました。しかし、その目論見は結果として大きくハズレてしまっています。

https://www.youtube.com/watch?v=gSzYThWnu4U

もし、表情のトラッキングを行い、より実際の中田さんの動きを再現できるようなアバターを利用していれば、撤回とは違った結論が出ていたかもしれません。そこで、この記事では、アバターを作って動かすためのツールをピックアップして紹介します。

おすすめのアバター制作ツール

VRoid Studio

VRoid Studio」は、イラストを描くような感覚で3Dモデルが制作できるツールです。顔の輪郭やヘアースタイル、瞳の色など、細々とした調整が可能です。作成したモデルには喜んだり、悲しんだりといった表情のセットが自動で生成されるので、細々とした調整が必要ないのが嬉しいポイント。外部ツールと組み合わせれば、自分の表情とアバターの表情を同期させるといった表現もできます。

Animaze by FaceRig

Animaze by FaceRig」はSteamで配信されている顔認識ソフトです。Webカメラを利用して、3DCGキャラクターを動かせます。手軽に使える性能から、オンラインでの会議などにもよく使用されています。2Dキャラクターの表情同期機能やバーチャル背景などのオプションがあるため、さまざまなシチュエーションに対応していると言えるでしょう。デフォルトのまま使用可能なアバターも多数あり、「まずはやってみたい」という場合におすすめです。2Dアニメ制作ツール「Live2D」で作成したアバターとも同期できます。

https://www.youtube.com/watch?v=Sau1S3wdIbs

Live2D

Live2D」は、2Dのイラストを立体表現できるアニメーション制作ツールです。動かしたいアバターの原画をパーツごとに分け、編集でアクションの範囲を追加することで、モデルを動かせます。上記の「Animaze by FaceRig」をはじめ、さまざまなツールと連携して、モデルを操作可能です。アニメキャラクターのようなアバターを制作したいときにおすすめです。

https://www.youtube.com/watch?v=znenrCL0Zik

「Blender」などの3Dモデリングツール

テンプレートなど使わず、オリジナルかつ高クオリティなものを作成したい場合は「Blender」などの3D制作ツール。オープンソースの3DCG制作ソフトで、本格的な3Dモデル作成が可能となっています。作成は決して手軽とは言えませんが、本格のアニメーション作成にも利用可能です。

無料3Dモデリングソフトの「Blender」、VRに正式対応 | Mogura VR

無料3Dモデリングソフトの「Blender」、VRに正式対応 | Mogura VR

MoguraVR

3Dでアバターを制作した場合、「Luppet」や「3tene」などの3DVTuber向けトラッキングシステムを組み合わせることで、自分の頭や指などの動きを同期できます。ツールによってはウェブカメラやLeapMotionなどの機材が必要になる場合がありますが、用意してしまえば、よりアバターを自由に動かせるようになるので、検討してみても良いでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=Kfthehj2na8

他にもおすすめのツールについて下記の記事でまとめているので、中田さんだけでなく、アバターやVTuberで活動してみたい方はチェックしてみませんか?

今すぐVTuberになれる! お手軽ツール37選を徹底紹介 | Mogura VR

今すぐVTuberになれる! お手軽ツール37選を徹底紹介 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)YouTube


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

街の何気ない一角を美術館に。スナップチャットの「ARアートプロジェクト」

2021/04/15 11:32 活用事例

Googleストリートビューを走るVRフィットネス「VZfit」近日中に配信開始

2021/04/15 11:32 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集