デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介

セミナー・カンファ

2019/11/12 12:15

人の目レベルの超高解像度VRデバイス「VR-2」国内販売開始

業界動向

2019/11/08 12:15

Magic Leap、特許資産をJPモルガンに譲渡 資金調達の一環か

業界動向

2019/11/12 19:00

MRグラス「NrealLight」でアート作品を鑑賞。渋谷PARCOで展示

業界動向

2019/11/12 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ディープラーニング活用で“顔を交換” AR開発企業、約2.3億円調達

ディープラーニングを用いた映像生成技術を開発する株式会社EmbodyMeは、約2.3億円の資金調達を実施しました。同社は“映像に映されている人の表情を自分の表情で乗っ取り、リアルタイムに動かせる”ARアプリ「Xpression」を開発しており、今回の調達をもとに「あらゆる人物を生成したり、どんな場所の背景でも生成できるように技術を進歩させいく」としています。

出資元はDEEPCORE、インキュベイトファンド、Deep30、Techstars、SMBCベンチャーキャピタル、漆原茂氏を引受先とする第三者割当増資に加え、NEDOの研究開発型ベンチャー支援事業への採択による助成金によるものです。EmbodyMeは創立時に、インキュベイトファンドおよび日本政策金融公庫の挑戦支援資本強化特例制度による融資で資金を調達しており、累計額は約3.6億円になるとのこと。

フェイクビデオを手軽に作成できるアプリを開発

EmbodyMeは、誰もがAIで目に見えるあらゆるものを自由自在に作り出す世界を実現することを掲げ、「3D Dense Face Tracking」や「Deep Generative Model」などの基盤技術および応用アプリケーションの開発を行っています。

https://www.youtube.com/watch?v=_ck1jDEdKwQ

同社が開発する「Xpression」は、ディープラーニングを用いたAR系アプリです。ビデオの中の人の表情を自分の表情で乗っ取り、リアルタイムにその場で動かすことができます。

同社は「2020年代にかけて従来のコンピュータグラフィックスが置き換わっていき、IT、映画、ゲーム、テレビなどあらゆるコンテンツ産業が変革していく中で、EmbodyMeはその中心となるポジションを取りにいきます」とコメントしています。

(参考)株式会社EmbodyMe プレスリリース



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

人気スタジオが手がけるVR海戦ゲーム「Battlewake」配信開始

2019/09/13 19:30 ゲーム・アプリ

VR体験ができるレストラン「VREX」渋谷店が閉店、残る2店舗は継続

2019/09/13 19:30 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集