デイリーランキング

人の目レベルの超高解像度VRヘッドセット「VR-1」 国内販売開始、9月から

テック

2019/06/13 12:30

HTC、新型VRヘッドセットVIVE COSMOSの発売日等の発表を予告

VIVE

2019/06/14 01:43

日本HPが新VRヘッドセット「Reverb」発売 PC向けで片目2K、価格は63,500円

Windows MR

2019/06/13 15:42

VR内でコードを読む 複雑な依存関係も3Dで見える化

データ可視化

2019/06/12 12:00

Oculus Quest、好調なスタートか 発売2週間でソフト売上が5億円突破

Oculus Quest

2019/06/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

NTTドコモ、スマホ向けの広視野角VRゴーグルを開発 「軽量かつ安価に製造可能」

株式会社NTTドコモは、人間の視野特性を活用して高倍率のレンズを配置した「超広視野角VRゴーグル」を開発しました。NTTドコモによれば、このVRゴーグルは「アクリル樹脂のレンズと筐体で構成されているため軽量で、安価に製造が可能」とのこと。

スマートフォンを装着してVRを体験するタイプのVRゴーグルは、従来のPC向け/一体型VRデバイスと比較した際、手軽にVRを体験できるものの、視野角の狭さや画質などから来る「体験の質」が課題とされてきました。


(ドコモによる「広視野角VRゴーグル」のレンズ部分。このレンズについては2019年4月17日現在、特許出願中とのこと)

ドコモが開発したVRゴーグルは、「視野の中心領域ではくっきりと、周辺部分はぼんやりと映像を見る」という人間の視野特性を活用し、従来の中心視野用の凸レンズに加え、その周りに高倍率の特殊構造レンズを配置。これにより「あたかもその場にいるかのような没入感のあるVR映像を体験できる」としています。

NTTドコモはニュースリリースにおいて、「今後、ドコモは本VRゴーグルを活用したエンターテインメント向けサービスの提供やライセンス提供を検討してまいります」とコメントしました。

「ニコニコ超会議」に出展、デモ体験も

本VRゴーグルは、2019年4月27日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」の「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」に出展され、デモ体験が予定されています。

https://www.youtube.com/watch?v=kthFQDPtmJo

イベント概要

名称

ニコニコ超会議2019

会期

2019年4月27日(土)10:00~18:00(最終入場17:30)
2019年4月28日(日)10:00~17:00(最終入場16:30)

会場

千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目
幕張メッセ国際展示場1~11ホール+イベントホール

ブース

日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6

アクセス

・JR京葉線 – 海浜幕張駅(東京駅から約30分、蘇我駅から約12分)から徒歩約5分
・JR総武線・京成線 – 幕張本郷駅(秋葉原駅から約40分)から「幕張メッセ中央」行きバスで、約17分

チケット

1日券:前売1,800円、当日2,300円
2日通し券:前売3,100円

公式サイト

https://chokaigi.jp/

(参考)株式会社NTTドコモ プレスリリース


【Mogura主催のイベント情報】
VTuber活用丸わかりセミナー(東京6/19、京都6/28、無料)

VR/AR/MRで生産性を向上させるには? 東大でシンポジウム開催

2019/04/17 17:04 セミナー・カンファレンス

スマートグラス「Vuzix Blade」にアプリ追加、口コミサイトやニュースなど利用可能に

2019/04/17 17:04 AR/MR
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集