Home » 「DMM VR THEATER」2020年4月に閉館、契約満了で 後続は未定


業界動向 2019.08.09

「DMM VR THEATER」2020年4月に閉館、契約満了で 後続は未定

神奈川・横浜のホログラフィック劇場「DMM VR THEATER」が、2020年4月末日で営業終了することが発表されました。「DMM VR THEATER」は物件の契約期間満了に伴っての閉館となります。2020年4月末日までの8ヶ月間は通常通り営業するとのことです。

「DMM VR THEATER」は、2015年9月より株式会社DMM.futureworksが運営する、エンターテインメント作品を中心とした常設ホログラフィック劇場です。VRデバイスや3Dメガネを使用せず、3DCGで制作された立体的な映像をステージ上に投影し、まるでキャラクターがその場に存在しているかのような公演を見ることができます。

本施設では、これまで「ONE PIECE」「THE [email protected]」「アイドルタイムプリパラ」そして、稲川淳二さんが出演する公演などが実施されています。

Mogura VR NewsがDMM.futureworksに問い合わせたところ、「現状ではDMM VR THEATERのような施設の運営などは未定」とコメント。同社では引き続き、映像やアニメーションなどのコンテンツ事業を展開していく、とのことです。

(参考)株式会社DMM.futureworks プレスリリース


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード