デイリーランキング

リコーがスマートグラス開発、重さは「一般的なメガネ程度」に

業界動向

2020/08/03 19:00

消防士の命を救え、アメリカ政府機関がVRトレーニング支持

活用事例

2020/08/03 12:14

Oculus Quest後継機の“新情報”、コロナ下でもXR市場予測は上方修正 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/03 08:00

ソニー、VRや映像クリエイターの発掘プロジェクトを開催

開発

2020/08/03 11:33

VR/AR作品アワード「NEWVIEW AWARDS 2020」開催

業界動向

2020/08/03 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

施設向けVRゲーム開発 トロントのスタートアップが約150万ドル調達

トロントのスタートアップDark Slopが、150万ドル(約1億7千万円)を資金調達しました。同社は2018年の創立以降、VR体験施設のオープンを目的として活動を続けている企業です。Dark Slopによると、今回調達した資金は、開発中のVRゲーム「Scarygirl Mission Maybee」の開発費に加え、新たなコンテンツの制作やフリーローム(※)技術の改良にも使用されるとのことです。

(※フリーローム:VRで広い範囲を自由に動き回れる仕組み)

VR体験施設1号店で公開予定

「Scarygirl Mission Maybee」はVR体験施設での使用を目的として開発されたマルチプレイヤー型VRゲームです。Dr. Maybeeという悪役から世界を守るため、プレイヤーたちが協力してゲームを進めていくという形で物語が進行します。

「Scarygirl Mission Maybee」のプレイ人数は4~8人です。プレイヤーは162平方メートルのVR体験室で本作をプレイします。専用の改造が施されたOculus RiftとHP製のバックパック型コンピュータがデバイスとして使用されます。

「Scarygirl Mission Maybee」は、2019年2月28日にトロントでオープンするDark SlopのVR体験施設1号店での公開が予定されています。チケットの販売も既に開始されており、大人1人30ドル(約3,300円)で購入可能です。Dark Slopによると本作の1プレイに要する時間は、20~25分とのことです。

CEOのコメント

「Scarygirl Mission Maybee」について、Dark Slopの社長にして共同創業者のCJ Hervey氏は以下のようにコメントしています。

「「Scarygirl Mission Maybee」は、プレイヤーの皆さまにVR/AR体験をマルチプレイヤーの形式で体験してもらうことを目標として開発しました。我々は皆さまに「Scarygirl Mission Maybe」を体験してもらい、マルチプレイヤー型VRゲームのポテンシャルを、その目で確かめて頂きたいと考えています」

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【Mogura主催のイベント】
流行の兆しを見せる「バーチャル・ライブエンタメ」、企画・演出セミナーの動画アーカイブ販売中

“人の眼”レベルのVRを目指すVarjo、VRヘッドセットVR-1発売 価格は6,000ドル

2019/02/20 11:00 業界動向

Oculus創業者パルマー・ラッキー、Riftの無償リペアキット公開

2019/02/20 11:00 Oculus Rift 最新情報