デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」

業界動向

2020/02/10 12:00 Sponsored

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

コンタクトレンズに映像を投射 AR会社Innovegaがテンセントからの資金調達

約3.3億円

ARスマートグラスを開発する企業であるInnovegaは先日、テンセントからの300万ドル(約3.3億円)の資金調達を発表しました。元テンセントCTOの熊明华氏は、Innovageの取締役となっているとのこと。


過去3年間、Innovega社による発表はほとんど行われておらず、資金を蓄積し、eMaculaの準備していると見られています。

Innovega社はウィリー氏とジェローム・レガートン博士と共に、2009年に設立した会社で、アメリカ国防総省の高等研究計画局(DARPA)の依頼によるシステム開発を行ったこともあります。本部はワシントン、工場はカリフォルニアに所在しています、社員は10名です。

2009年から、iOptikの名称でも知られるARコンタクトレンズシステムeMaculaの開発を開始しました。

Innovega創業者及びCEOのスティーブ・ウィリー氏は2014年のCESでこのプラットフォームの原型を展示しました。先日、同社はアメリカ国防総省の高等研究計画局、およびアメリカ国立科学財団とアメリカ国立衛生研究院から資金調達を行いました。ウィリー氏によると、会社が調達した資金総額は1,000万ドルに達しているとのこと。

また、eMaculaで狙う主な市場は中国だと、ウィリー氏は話しました。同社のARシステムは優れている光学部品でありつつ、軽く、心地よく、造形美も目指しているとのこと。バッテリー消費を抑えています。

Innovega社のコンタクトレンズシステムは、通常のコンタクトレンズと同じように視力を矯正することが可能で、ARスマートグラスと同時に使用し、直接コンタクトレンズに投射される映像を見ることを可能にしました。ウィリー氏は将来他社と協力し、様々な用途に使用する予定があると話していました。医療に用い、患者の視力を回復することにも役に立ちます。


 
(参考)
腾讯300万美元领投AR眼镜公司Innovega,曾是美军合作方
http://www.7tin.cn/news/85399.html

Innovega社公式サイト
http://www.emacula.io/

 
 

※Mogura VR は、7tinとパートナーシップを結んでいます。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

PSVR、2月25日8時30分に公式サイトで予約再開

2017/02/24 18:00 PlayStation VR(PSVR)

オーストラリアの2016年VRデバイス販売台数は21.6万台との観測

2017/02/24 18:00 活用事例
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集