デイリーランキング

人気ゲーム「Apex Legend」と類似名称 “勘違い”でとあるVRゲームの売上が爆増

ゲーム・アプリ

2019/02/18 11:31 New

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年2月版)

Oculus Quest

2019/02/17 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(2月9日~2月16日)

VTuber

2019/02/17 19:15

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール14選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

発売開始から3分で完売 Oculus Go中国国内モデル、入荷待ちは5万人以上

中国のシャオミ(Xiaomi)が発売した一体型VRヘッドセット「Mi VR」が爆発的な売れ行きを見せています。公式ウェブサイトでの販売分は、開始からわずか数分で完売したとの報道もありました。

公式ストアは3分で完売、入荷待ち5万人以上

Mi VRは、Oculusが2018年5月頭に発売した「Oculus Go(オキュラスゴー)」を中国国内向けにしたモデルです。米国の調査会社Greenlightは、発売初日に約3万台のMi VRが売れたと推計しています。

公式ウェブサイトでは発売開始から3分で完売。オンラインストアJD.comで販売したストレージ32GBモデルもおよそ数時間で売り切れたとのこと。

さらにMi VRのウェブサイトでアカウントを登録し、再入荷を待つユーザーは5万人以上にも上るとされています。6月6日時点では32GBモデルで約3万3,000人、64GBモデルで約2万4,000人が入荷待ちの状態です。

中国市場は一体型に馴染みがあることも要因か

Mi VRの価格は32GBモデルが1,500元(約25,000円)、64GBモデルが1,800元(約30,000円)。性能はOculus Goと同等で、コントローラーは回転だけを取得するリモコン型コントローラーです。

Oculus GoはOculusが運営するOcuus Storeに対応する一方で、Mi VRは中国向けの独自のプラットフォーム「Mi VRストア」からコンテンツをダウンロードします。


(写真左:Mi VR 写真右:Oculus Go)

Greenlightはこの好調な売れ行きに対し、シャオミが「一体型VRヘッドセットをリリースする、最大のコンシューマー向け中国ブランド」である点を指摘。中国市場では既にVive FocusPicoといった一体型のヘッドセットが発売されており、より一体型VRヘッドセットに馴染みがある点も背景に挙げています。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

米複合チェーン112店舗「ジュラシック・ワールド」VRアトラクション導入

2018/06/07 19:30 施設型VR

ユーザーが自由に配置できるVR字幕システムが登場、アカデミー賞公認映画祭にも

2018/06/07 19:30 ビジネス活用事例