デイリーランキング

Magic Leap Oneの出荷台数は半年で6000台? 社は反論

業界動向

2019/12/09 12:15

ARをどう操作する?“指で挟む”コントローラーが登場

テック

2019/12/08 12:30

OculusのVR造形ツール「Medium」Adobeファミリーへ

業界動向

2019/12/08 11:30

超高解像度VR/ARの「XR-1」開発者版が発売、KDDIとNrealが開発プログラム発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/12/09 08:00

超高解像VR/ARヘッドセット「XR-1」、開発版が国内販売開始

業界動向

2019/12/06 19:32

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

カナダ海軍、艦艇のメンテナンスなどにHoloLens導入か

カナダ海軍が、技師らによる艦艇のメンテナンスや修復作業の効率化のために、MR技術の活用を検討していることが明らかになりました。複合現実リモートアシスタントサポート(Mixed Reality Remote Assistant Support)と名付けられた本MR技術自体は、カナダの企業であるKognitiv SparkによるMicrosoft HoloLens向けのソフトウェアにより実現されるものとなっています。同社によるとソフトウェアはAR、MR、およびAI技術を導入して作り上げられているとのこと。

遠隔コミュニケーションをより直感的に

https://www.youtube.com/watch?v=zMZikDX-J1E

本システムは、艦艇内にいる船員と遠隔地からサポートするスタッフとの情報伝達をより直感的なものにします。船員がHoloLensを通して見ている映像がサポートスタッフに共有されるだけでなく、インタラクティブな3Dモデルやデータも目の前にしながら、ボイスチャットやビデオを通じたコミュニケーションが可能となっています。

また、サポートスタッフからのアシスタントを受けられない状況でも、予め記録されているデータに基づいて、ルーチンワークなどは船員が作業が行えるようになっているとのこと。

過酷な状況下での消耗を軽減するために

複数の軍事組織でのバッググランドを持つKognitiv Spark社のCOO、Duncan McSporran氏によると、3Dモデルは紙のマニュアルを読むことに比べ、より直感的に理解することができるとのこと。「精神的な消耗もより少なくなるため、時に過酷な状況下に置かれるような兵士らにとって、こうした技術の利用は非常に有用である」と語っています。

(参考)The Maritime ExecutiveKognitiv Spark



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

「AR/VRは小売業に変革をもたらす」2020年には100万人がARショッピングと予測

2019/04/08 11:30 統計・データ

ゲーム部プロジェクト、運営企業の報告が掲載

2019/04/08 11:30 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集