デイリーランキング

「HTC Vive Pro 2」と「Vive Focus 3」後付けモジュールでアイトラッキングに対応

業界動向

2021/05/14 12:45

月間ユーザー1億人以上、時価総額4兆円……話題沸騰のRobloxはVRにも強い意欲か

業界動向

2021/05/14 19:00

一体型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」が発表 解像度5K、視野角120度

業界動向

2021/05/12 02:04

NFT×VRゲーム普及へ向け「Decentraland」やEpic Games出身者が参画、2,100万ドルを調達

投資

2021/05/13 19:30

国の万博連絡会議がVRで開催、新しい国際博覧会に向けて導入

活用事例

2021/05/14 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

新たなリモートワーク向けVR/ARデバイスが2021年秋発売へ。Meta社の特許活用

米国のスタートアップ企業Campfireは、800万ドル(約8.7億円)の資金調達を行いました。VR/AR両対応のヘッドセットを開発し、遠隔コラボレーションに向けたデバイスとソリューションを、2021年秋に提供開始する予定です。

Meta社の技術を利用

カリフォルニアを拠点とするCampfire社が開発するのは、VR/AR両対応のヘッドセットや専用ソフトウェアです。様々な理由で物理的に離れた環境にいるメンバーが、3Dモデルを参照しながら設計やデザインを共同で行う手段となることを目指します。

CampfireFrogFull from Campfire on Vimeo.

公表内容によれば、ヘッドセットの視野角(対角)は92度。ARとVRのモードを切り替えて使用できます。2019年に破産を報じられたMeta社の特許を用いて開発したということで、同社のデバイスを彷彿とさせる概観です。

トラッカーにもなる「コンソール」が特徴

Campfireはデバイスだけでなく、周辺システムも合わせてソリューション提供を計画しています。特にユニークなのは、「コンソール」の存在です。これは十字型をしたデバイスで、ヘッドセットのトラッカーとして、及び複数ユーザーの中心を設定するために機能します。この「コンソール」を囲んでユーザーが集まると、より同じ空間にいる感覚が高まると考えられます。

コントローラーについては、「パック」と呼ばれるアクセサリをスマートフォンに取り付けて使用します。スマートフォン内蔵のカメラを使うことでモーションコントローラーとして使用でき、操作は画面をタッチして行います。

クロスデバイス対応も

3Dモデルの掲示や共有は、それぞれソフトウェアを用いて実行するということです。ユーザーはCampfireのデバイスだけでなくタブレット端末やスマートフォンからもアクセス可能という、クロスデバイス対応を謳っています。

Campfireによれば、一般発売は2021年秋を予定しています。価格は未定ですが、サブスクリプション形式になるとのこと。アーリーアクセスは、同社公式サイトから受け付けています。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


配信者のバーチャル化を支援する「ツイキャス100V」始動

2021/04/28 17:00 VTuber 最新ニュース一覧

比叡山延暦寺 改修中の国宝「根本中堂」のVRウォークスルーを公開

2021/04/28 17:00 話題