デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

VR・ARデバイス向け新技術 「ピントの合う」さらにリアルな体験へ

テック

2021/04/12 11:57

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

自動車産業向けVRは急拡大予想、一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/04/12 08:00

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRで宇宙船の操縦訓練 ボーイングの取組

VRを使ったシミュレーションは、再現しにくい場面のトレーニングに有効です。B2B分野での採用事例が増えています。

9月25日から29日にかけて、オーストラリアのアデレードにて国際宇宙会議(IAC)2017が開催されました。同会議には宇宙船の操縦をバーチャル空間でシミュレーションできるVRシステムが展示されました。このシステムはボーイング・オーストラリア社と、デベロッパー企業Opaque Spaceが提携して開発したものです。

宇宙船内での活動をVRでシミュレーション

IAC 2017にて展示されたVRシミュレーターは、ボーイングが開発するカプセル型商用有人宇宙船CST-100スターライナーのシミュレーターとして開発されました。高解像度の映像を表示可能で、インタラクティブ性を備え、リアルタイムでのシミュレーションを行うことができます。

航空機や宇宙船の操縦訓練に使用するシミュレーターには、従来は高額なコストがかかっていました。しかしシミュレーターにVR技術を取り入れることで、従来よりも低コストで訓練を行うことができます。本システムでは訓練中の宇宙飛行士がスターライナーの操縦や、国際宇宙ステーションに機体をドッキングする際の動作などを、VRを用いて訓練することができます。

Opaque Spaceが開発に参加

本システムの開発にはボーイング・オーストラリア社と、メルボルンのデベロッパー企業であるOpaque Spaceが参加しています。同社はこれまでにも宇宙事業や教育、エンターテイメント、エンタープライズ関連のソリューションを開発しており、先日は国際宇宙ステーションのVRシミュレーター『Earthlight』のデモ動画を公開しています。

ボーイングとOpaque Spaceの両社は提携してVRシミュレーターの開発を継続、今後はVRを取り入れたトレーニング用のシナリオの開発を予定しています。

(参考)
Boeing / Boeing Launches Australian-Based Space Research Initiatives(英語)
http://www.boeing.com.au/news/releases/2017/september/boeing-launches-australian-based-space-research.page#/


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

Huaweiの次世代プロセッサ、スマホのAR機能を加速

2017/10/02 11:15 活用事例

目指すは人の眼レベルの超高解像度VR 米企業、約9億円の資金調達

2017/10/02 11:15 活用事例