デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR眼鏡グーグルグラス、業務用モデルとして再登場


業務用デバイスとして復活

Googleの眼鏡型ARデバイス「グーグルグラス」は、2013年に開発者向けモデルとして発売され話題になるも、ヒットに至りませんでした。今回リニューアルし、法人向けの製品として提供されます。

開発は『X』(かつては『Google X Lab』という名前でグーグル社内の部門でしたが、現在は独立)によるもので、『Glass Enterprise Edition』は工場や倉庫、医療機関などでの現場作業をアシストするデバイスとして設計されています。

また、『Glass Partner』と呼ばれるグーグルが提供するサービスでは、グーグルグラスに関するビジネス向けのサポートを行なっており、ファッションアイテムとして不発に終わった初代グーグルグラスのイメージを払拭する狙いもあるようです。

50以上の企業が『Glass』を現場業務で使用

現在グーグルグラスを業務で使用する企業は50以上で、AGCO、DHL、Dignity Health、NSF InternationalやSutter Healthなどの他、ボーイングやフォルクスワーゲンなども名を連ねています。プロジェクトに参加した企業はデバイスの提供だけでなく、ソフトウェアソリューションの提供や各種サポートを受けることができます。

グーグルグラスプロジェクトのリーダーを務めるJay Kothari氏は『Enterprise Edition』
を現場で用いる利点としてGeneral Electrics(GE)での例を挙げており、従来の分厚いマニュアルをデータ化し『Glass』によって手軽に閲覧できるようになったことを指摘しています。

デバイスのスペックは公開されていませんが、前回発売された開発者向けモデル『Explorer Edition』に比べて、『Enterprise Edition』はより現場での作業に特化した設計がなされているため、同社が提供するビジネス向けサポートサービスとの併用によって、製造業や建設業、医療機関などで普及することが予想されます。

(参考)
Road to VR / Google Glass is Back, Glass ‘Enterprise Edition’ Unveiled(英語)
https://www.roadtovr.com/google-glass-back-glass-enterprise-edition-unveiled/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

世界遺産の銀山を360度で体験 「VR銀山」島根で実施

2017/07/19 15:05 イベント情報

VRソフト開発のディヴァース、約4,500万円の資金調達

2017/07/19 15:05 ビジネス活用事例