デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ハイスペックPCいらずでVR、ファーウェイらクラウドサービス開始

中国の通信事業者、チャイナモバイルグループのFujianは、大手スマートフォンメーカーのHuawei(ファーウェイ)らとクラウドVRサービスを開始します。通信環境を改善し、ハイスペックのPCに依存しない高品質のVR体験を届ける試みです。

ハイエンドPCに依存せず高品質の画像配信が可能

「AND Cloud VR」と名付けられたこのサービスでは、通信速度を100Mbpsから1000Mbpsへと大幅に向上させています。提供するのは、VRの番組放送、オンデマンド配信、映画、ビデオゲーム、教育アプリなどです。また音楽コンサートやスポーツの試合なども含まれています。

Fujianの代表は「通信速度の向上により、ユーザーに最良の体験を届ける」としています。同社によれば、「AND Cloud VR」のユーザーは、クラウドベースのサーバーから安定した高解像度の映像を受信することが可能です。

またクラウドVRのメリットとして、VRを体験するために必要なPCのスペックがより低くなる点が挙げられます。クラウドでの処理が増えるため、ハードウェアのコストは70~80%ほど下がると言います。

VRサービスのマイルストーンに

今回ファーウェイは、通信速度を向上させるネットワークの構築で協力します。ファーウェイのネットワーク製品部門代表のZeng Xingyun氏によると、同社はVRや動画を自社のコアとなる戦略の一部と考えているとのこと。これらの技術を支えるために、システムの構造のレベルから、技術的課題を解決していると話しています。

ファーウェイとFujianは、「AND Cloud VR」がVRサービスのマイルストーンとなり、ブロードバンド通信の基準になると確信しています。今後もこのパートナーシップを継続し、VR関連の開発を進める方針です。

HTCも昨年、大連市にてクラウドを使ったVRサービスの試験運用を行いました。ハイエンドのPCに依存しないVR配信について、取り組みが進められています。

クラウドを使いハイエンドPCなしでVR 中国で試験運用

クラウドを使いハイエンドPCなしでVR 中国で試験運用

MoguraVR

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。

細かなパーツもカメラで検索 米Amazonアプリのカメラに新機能

2018/07/25 12:30 ビジネス活用事例

日本最大級のゲームイベント・東京ゲームショウ2018でVTuberに関する講演開催

2018/07/25 12:30 VTuber 最新ニュース一覧