Unity、インドで拡大図る ARやVR分野でもインド企業と協力へ

ゲームエンジンUnityを開発するUnity Technologiesはインドでの事業のさらなる拡大を計画していると明らかにしました。

秘めるインドの可能性

Unityはインドでの事業を拡大し、今年中にもインドでの雇用を3倍に増やすことを計画していることを明らかにしました。

インドのゲーム市場は、日本やヨーロッパよりもはまだ遅れているという見方がある中、最高販売責任者であるDave Rhodes氏は「デバイスやネット料金が下がれば、ゲームを楽しむ人がさらに増えるはず」とインドのポテンシャルについて語ります。

また、Unityはゲーム分野だけでなく、インドのIT企業と協力しARやVRの分野にも力を入れるつもりであることを計画しています。インドにおけるARやVR分野の取組はあまり知られていませんが、Unityは「車のデザインや開発などの製造業界でARやVRの使用が増える中、プログラミングに強いインドのIT企業と手を組み、技術開発をさらに進めるつもり」とのこと。

人口が12億人以上で今後も増え続けると言われるインドはゲーム市場として大きな可能性を秘めているだけでなく、IT産業でも米国を中心に優秀なプログラマーを輩出する国です。どのような革新的なAR/VR技術の開発がなされていくのか注目です。

(参考)
Unity Reveals Plans To Expand Into India
https://www.vrfocus.com/2017/04/unity-reveals-plans-to-expand-into-india/ (英語)

MoguraVRはVRfocusとパートナーシップを結んでおります。

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ