モトローラ、360度カメラを発表 『Moto Z』シリーズのスマホに装着

先日、米国の通信機器メーカーであるモトローラは同社の最新型スマートフォン『Moto Z2 Force Edition』を発表しましたが、付属デバイスとして360度カメラもリリースする予定で、これは『Moto Z』シリーズのスマートフォンであればデバイスの上部に装着して使用できます。

様々な付属デバイスが登場

『Moto Z2 Force Edition』は8月10日に発売される予定です。日本での発売は未定。同製品の付属デバイスシリーズ『moto mods』として、360度カメラをはじめスピーカーや高画質カメラ、ワイヤレス充電器、バッテリーケースやプロジェクターが登場します。これらはマグネットによってスマートフォンに装着するので付け外しが簡単で、Moto Zシリーズのスマートフォン全機種に対応しています。

4K画質、立体音響に対応の360度カメラ

同社のウェブサイトによると、この360度カメラは4K画質の写真、動画を撮影することが可能で、立体音響を用いた録音ができるとのこと。また、撮った写真や動画をその場で編集して、ソーシャルメディアに投稿したりストリーミングできる他、画角150度のワイドレンジ写真を撮影することもできます。

現在プレオーダーを受け付けており、価格は299ドル(約33,000円)と、Samsung Galaxy S8/S8+対応の360°カメラ『Gear 360』と同程度です。

(参考)
Road to VR / Motorola to Launch 360 Camera ‘Mod’ Alongside Latest Moto Z Phone(英語)
https://www.roadtovr.com/motorola-launch-360-camera-mod-alongside-latest-moto-z-phone/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

関連するキーワード: Moto ZMotorola

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ