HoloLens開発者版の日本向け販売が決定 2016年内に予約開始

日本マイクロソフト株式会社は、MR(Mixed Reality)デバイス「HoloLens」開発者版を日本の開発者および法人向けに提供することを決定し、2016年内にはプレオーダーを開始することを発表しました。

HoloLens

「HoloLens」は、ワイヤレスで頭に装着するタイプのMRデバイスとなっています。現実世界に映像を重ね、さらにその映像を、まるで本当に存在するかのように自分の手で操作することなど、目の前の現実世界と3Dのホログラムの世界を融合させたMixed Reality(複合現実)を体験できるデバイスです。

またマイクロソフト社のOS、Windows10が搭載されており、Webブラウジングやアプリケーションが操作可能となっています。

日本マイクロソフトの発表によると、日本展開に関する詳細は、今後順次発表していく予定とのことです。アメリカでは3,000ドルで販売されているHoloLens。国内販売価格は未定です。

(参考)
Microsoft HoloLens の日本での提供について
http://news.microsoft.com/ja-jp/2016/11/01/161101-information/#sm.000j41txa18poe6szwb2jasuyakug#KcR5yZ9feSBs7vsq.97

関連するキーワード: HoloLens

この記事を書いた人

  • 早稲田大学文化構想学部卒業後、日立グループにてグループ全体のビジネスプロセス改善プロジェクトに従事。現在はゲームメディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ