グリー、スマホVRゲーム開発の実践的テクニックをまとめた資料を公開

5月17日に“HOLLYWOODの制作現場から学ぶ「ビジュアルデベロップメント」”というテーマで開催された「GREE Creators’ Meetup 第4回」。使用されたプレゼン資料の一部がスライドシェアにて公開されました。

グリー VR 開発

このスライドシェアにて公開された中には、スマホVR開発テクニックがまとめられた資料もあります。グリーに所属する4名が登壇した際に使用した各プレゼン資料です。テーマ・タイトルは下記の通りです。

  • モバイル×VRにおける3Dサウンド実践(グリー株式会社 井上 幹氏)
  • アーティストのためのプログラマブルシェーダ講座 Part 2: 「Tomb of the Golems」 の事例(グリー株式会社 酒井 駿介氏)
  • VR 空間で殴られよう: 一人称視点の近接攻撃表現の事例(グリー株式会社 ブーシェ 晃 ロビン氏)
  • Social VRの取り組みとしてデモ開発を通じてわかったこと(グリー株式会社 渡邊 匡志氏)

プレゼン資料は、GREE VR Studiosが制作したGear VR向けタイトル『Tomb of the Golems』を開発事例としたものが中心。実践的なテクニックやVR開発における基本的なポイント、実際に試行錯誤した箇所などを解説しています。

国内のゲーム会社でスマホVRでの本格的なゲーム作品を開発、リリースしている企業は非常に限られています。グリーの4名の制作者が公開した、今回の実践に基づいたテクニックが詰め込まれた資料は貴重なものであると言えるでしょう。

・モバイル×VRにおける3Dサウンド実践

・アーティストのためのプログラマブルシェーダー講座Part2

・VR空間で殴られよう 一人称視点の近接攻撃表現の事例

・Social VRの取り組みとしてデモ開発を通じてわかったこと

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/