VR用建築設計ソフトが発売 イメージ確認や現実に即したシミュレーションも

VRで実際に建物の高さや形状を確認できる建築業向けのソフト『GLOOBE VR Ver2.0』が2017年9月20日より発売します。プロジェクトの様々な段階にてVRで建物の確認を行えるため、プレゼンでの活用などができるとのことです。

『GLOOBE VR Ver2.0』を利用するには、BIMデータ(建物のデータ)から維持管理や修繕計画といった建物の情報を可視化するBIM建築設計システム『GLOOBE 2018』以降が必要となります。VRデバイス「Oculus Rift」と「HTC Vive」に対応。

『GLOOBE VR Ver2.0』は、VRで屋上や仮設足場の上にいる際の空間を再現し、高いところにいる感覚の体験や、仮設足場の安全教育にも活用できます。VRデバイスのコントローラーのバイブレーション機能にも対応しており、形状の把握も行えます。両手のコントローラーが形状どおりに振動します。

また、アニメーション機能も搭載しており、窓やドアの開閉、クレーンなどの車両の可動範囲の操作といった現実さながらのシミュレーションを行うことも可能です。素材をあらかじめ用意しておくことで、VR空間の中で素材の変更が可能です。その場でカラーシミュレーションを行えるなど、イメージの共有がしやすいとのことです。

その他にも、朝・昼・夜といった現場の時間を変更することも可能です。日中の採光や夜景など写真を元に再現します。

福井コンピュータアーキテクト東京銀座店・大阪梅田店では、ショールームを設け『GLOOBE VR Ver2.0』を体験することができます。体験は予約制となっています。

ソフトウェアの概要

名称

・GLOOBE 2018
・GLOOBE VR Ver2.0

料金

・GLOOBE 2018
144,000 円/年(税別)、12,000 円/月額(税別)×12 回分割払から
・GLOOBE VR Ver2.0
420,000 円/年(税別)

発売日

2017年9月20日

ウェブサイト

http://archi.fukuicompu.co.jp/

(参考)
福井コンピュータアーキテクト株式会社 プレスリリース
http://hd.fukuicompu.co.jp/ir/documents/20170807.pdf

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: GLOOBE 2018GLOOBE VR Ver2.0

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com