AMD、360度動画などVR制作向けGPU Radeon Pro WX7100発表

PC向けグラフィックボードメーカーAMDはプロフェッショナル向けの新型GPU「Radeon Pro WX7100」を発表しました。

image01

Radeon Pro WXシリーズはAMDの新しいラインナップです。通常のPC向けのRadeonシリーズに比べ、クリエイティブのプロフェッショナル向けのワークステーションに組み込むGPUになります。Radeonシリーズの新型RX480にも搭載されている次世代のプロセッサPolarisを搭載しています。

今回発表されたWX7100は、VRコンテンツの開発に最適化したGPUとのこと。5テラフロップス以上のパフォーマンスでコア数は2048基、メモリは8GB。発売時期は2016年第4四半期を予定、価格は1,000ドル以下になるとのことです。

VR制作に特化

今回発表されたWX7100は、AMDが同時に発表した「Project Loom」に対応しているとのこと。Project Loomは、360度動画のリアルタイムスティッチングを可能にするステッチャーです。AMDによると、24台のカメラからそれぞれ1080p、60fpsで映像を抽出し、最大4Kサイズの360度映像を30fpsで出力できます。

image00

このProject Loomは、2016年夏にAMDが進めるオープンソースのプログラムGPUOpenにて公開される予定です。

(関連記事)
NVIDIA、VR対応のプロフェッショナル向け新型GPU Quadro P6000発表
AMD、ハイエンドVR対応の新GPU「RX480」を発表。価格は199ドル、発売日は6月29日

・360度動画を紹介している記事一覧はこちらです!

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/