デイリーランキング

VTuberの間で「見て!〇〇が踊っているよ かわいいね」コピペが流行

VTuber

2020/02/20 15:23

HTC、VRヘッドセット「VIVE Cosmos」新たに3機種を発表

VIVE

2020/02/21 00:12

小型軽量へ HTC、次世代VRヘッドセットのコンセプトデザインを発表

VIVE

2020/02/21 00:46

【Oculus Quest】まさかのロケットパンチ。手首を飛ばして遠隔ハンドトラッキング

Oculus Quest

2020/02/19 19:30

世界最大級の地下空間“龍の巣”にカメラ潜入 NHKが360度映像公開

VR動画

2020/02/21 13:07

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VRoid 軽量化モデル書き出し&マルチプレイSDK対応  ambrとも連携

pixvの3Dキャラクター事業「VRoidプロジェクト」は2020年春頃、新機能として「軽量化モデルの書き出し」「マルチプレイSDK」をリリースします。さらにソーシャルVRサービスambrとも連携し、自分の3DアバターでVRの世界にログインできるようになるとのこと。

「軽量化モデルの書き出し」は、3Dアバター制作ツール「VRoid Studio」で作成したモデルの描画負荷を軽量化するもの。これにより、VRMファイルへのエクスポートが可能になり、ユーザーは自身のアバターを用いたさまざまなゲームやサービスをより簡単に楽しめるそうです。

「マルチプレイSDK」は、開発者向けSDK「VRoid SDK」に搭載予定の新機能です。複数のプレイヤーが、ひとつのプレイグラウンド上に自分のアバターを呼び出して操作するサービスやゲームの開発が可能になるそうです。開発者はVRコミュニケーションプラットフォームはもちろん、自分のキャラクターを持ち寄って遊ぶ格闘ゲームのマルチ対戦プレイなどの開発にも利用できるとのこと。

ソーシャルVRサービス「ambr」とVRoidプロジェクトとの連携も今年の春頃を予定。ambrは現在スタンドアローン型VRヘッドセット「Oculus Go」に対応しており、連携時には、PC向けVRヘッドセット「Oculus Rift」「HTC VIVE」にも対応予定とのこと。

「ambr」の詳細はこちら

日本発ソーシャルVR「ambr」が近日リリース、Oculus Go対応 | Mogura VR

日本発ソーシャルVR「ambr」が近日リリース、Oculus Go対応 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRoidプロジェクト 公式サイトambr 公式サイト


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

EMMA HAZY MINAMI  ボカロカバーアルバム2枚を同時配信

2020/02/12 16:00 VTuber 最新ニュース一覧

Humble Bundle VR専用ゲームのセット販売を開始

2020/02/12 16:00 ゲーム・アプリ

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集