Home » VRで“鵜(ウ)”になってアユを捕る体験ができる アユが暴れる振動から飲み込む感覚までを再現 岐阜大学の研究チームが開発


VR体験施設 2024.07.09

VRで“鵜(ウ)”になってアユを捕る体験ができる アユが暴れる振動から飲み込む感覚までを再現 岐阜大学の研究チームが開発

長良川うかいミュージアムで開催される特別展示「GOKAN(五感)で感じる鵜飼」にて、鵜飼のウになってアユを捕るVR体験会が7月28日(日)10:30〜15:00に行われます。

長良川うかいミュージアムは、鵜飼をテーマにした岐阜県の観光施設です。伝統文化である“長良川の鵜飼”を紹介・情報発信しており、さまざまなイベントも催されています。

特別展示「GOKAN(五感)で感じる鵜飼」は、五感で楽しく鵜飼を知る企画です。その一環として、VRデバイスを使って体験者自身が鵜飼のウになり、川に潜ってアユを捕る体験ができます。体験の所要時間は約10分で、9:30から整理券が配布されます。

今回の体験のもととなった研究は、岐阜大学の研究チームが第28回日本バーチャルリアリティ学会大会にて公開。VRヘッドセットを被ってお辞儀をするように体を倒すと水中に潜り、捕まえたアユは必死に抵抗します。そのときのくちばしの振動はモーターで再現し、飲み込むときの感覚も、接着電極を首に張り、首の皮を紐で引っ張ることで再現しています。

(参考)公式サイト公式X(旧Twitter)セッション詳細(IVRC-08)


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード