デイリーランキング

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

VR作品コンテスト「VRクリエイティブアワード2019」の最終結果発表イベント開催、8月25日

業界動向

2019/08/21 19:00

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

増えるAR×アパレルの取り組み Magic Leapがアパレルメーカーらと提携

業界動向

2019/08/21 11:30

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に

開発

2019/08/22 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

CRI、ゲーム開発向けミドルウェアのロードマップを発表 VRの触覚演出や立体音響も強化

CRIは、音声・映像のミドルウェアブランドであるCRIWARE®のゲーム開発向けロードマップを発表しました。

対応プラットフォーム拡張、オープンプラットフォーム化の他、触覚演出や映像・音声機能もVR向けに強化し、よりリアルなVRコンテンツの開発をサポートします。

CRIWARE®

視覚・聴覚・触覚合わせてVR向けに強化

対象となる製品はCRIWAREブランドの統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX®2」、高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec®2」、触覚ミドルウェア「CRI HAPTIX」。

ニンテンドースイッチ、Xbox One、ブラウザゲームにも対応プラットフォームを拡張し、移植やマルチプラットフォーム開発もよりスムーズになる、としています。

さらに触覚ミドルウェアHAPTIXをPlayStation®VR、HTC Vive、Oculus Riftのコントローラに対応し、VRの映像音声に連動した触覚演出を実現。

MP4素材、立体音響への対応など、映像・音声機能もVR向けに強化され、視覚・聴覚・触覚合わせてよりリアルで没入感の高いVR体験の作り込みをサポートします。

またサウンドミドルウェアのADX2がカスタムプラグインに対応し、サウンド演出で独自のエフェクトを使えるようになります。

(参考)
CRI – ニュースリリース
http://www.cri-mw.co.jp/newsrelease/2016/e78k1e000000hpc2.html
http://www.cri-mw.co.jp/newsrelease/2016/e78k1e000000hpmc.html


ASUS、VR対応のGTX1060搭載ノートPCを11月12日発売

2016/11/10 18:30 テック

世界初の長編VRアニメへの挑戦 『狼と香辛料』作者の新作VR作品『Project LUX』 先行体験レビュー

2016/11/10 18:30 VR動画