デイリーランキング

「ホロライブ」のビジョンとこれから――Tokyo XR Startups出身起業家インタビュー(第一回:カバー株式会社CEO 谷郷 元昭氏)

業界動向

2019/08/23 12:00

ファーウェイが独自のARナビ開発中 Googleマップに対抗か

AR/MR

2019/08/23 17:50

VR ZONEに続くVR体験施設「MAZARIA」、池袋で7月12日オープン 「太鼓の達人VR」が新登場!

VR体験施設

2019/06/20 11:38

ARグラスをかけて試合観戦 バスケ日本代表戦で5G使い先行体験

AR/MR

2019/08/24 19:30

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Unity、建築・建設3Dデータ活用のコンテスト「Unity VR Archi Contest 2019」を開催

ゲームエンジン「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、建築・建設の3Dデータを活用したコンテスト「Unity VR Archi Contest 2019」を開催します。プラットフォームは、株式会社Psychic VR Labが運営するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」が利用されます。

本コンテストではBIMで設計された建築・建設の3Dデータを「STYLY」上で公開し、建築・建設分野のエキスパートが審査します。

コンテストは今までに制作したBIMデータがあれば誰でも参加可能。募集期間中、作品提出に必要な「Unity Pro ライセンス」は、応募者へ無償で貸与されます。提出期限は2019年3月31日までとなっています。

「Unity BIM Importer」教育版が無償化

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、建築において3Dモデルをベースとした情報構築システムであるBIMデータを、直接的にUnityに取り込む機能である「Unity BIM Importer」に新たに「Navisworks対応版」をリリース。図面やプロパティの表示にも対応しています。

さらに教育機関に対して「Unity BIM Importer」の全機能を無償で提供することを発表しました。教育版の無償利用に関するお問い合わせなどはこちら

コンテスト概要

コンテスト名

Unity VR Archi Contest 2019

参加条件

今までに制作したBIMデータがあれば、誰でも参加可能。
・(学生)学業の中で制作した課題・卒業制作作品のBIMデータ等
・(一般)自主制作で制作したBIMデータ等

提出方法

ARCHICADやRevit、Rhinoceroseで制作された設計データをUnityに取り込み、設計コンセプト・設計図面・CGパースなどと一緒に「STYLY」へアップロード。

提出期限

2019年3月31日まで

詳細URL

Unity VR Archi Contest 2019 概要 | Unity for AEC

Unity VR Archi Contest 2019 概要 | Unity for AEC

Unity for AEC

(参考)ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 プレスリリース


どれを食べるか迷ったら……ARで料理をテーブル上に

2019/02/28 12:30 AR/MR

upd8がVTuberのホワイトデーケーキを発売 夜乃ネオンは半月でケーキ化の夢を達成

2019/02/28 12:30 VTuber 最新ニュース一覧