デイリーランキング

キズナアイ運営Activ8の声明が掲載 “分裂”当初からの経緯を振り返る

VTuber

2019/08/17 14:00

VRオープンワールドRPG「Nostos」、人数限定のベータテスト開始 9月5日から

ゲーム・アプリ

2019/08/17 12:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

【2019年8月版】VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス クエスト)」最新情報まとめ

Oculus Quest

2019/08/17 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(8月10日~8月16日)

おすすめVTuber動画

2019/08/18 19:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

溶岩や闇が溢れ出す VRで「ムンクの叫び」を体験

ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」が、VRコンテンツ「The Scream」として2019年6月20日に配信されました。15分間の映像で、作品にインタラクティブに触れることができ、作品の“闇の部分”をVRで体験することができます。

「The Scream」は英語、フランス語、ドイツ語に対応(日本語非対応)、ゲーム配信プラットフォームSteamから無料でダウンロードが可能です。対応VRヘッドセットはOculus Rift、HTC Vive、Valve Indexです。

叫びの不安・恐れをVRで体感

「The Scream」内のムンクの「叫び」は細部まで作りこまれており、遠くからだけではなく、近付いて鑑賞してもその精細さを楽しむことができます。しかし、これは決して「絵画をVRで見るだけ」ではありません。数秒後、背景の赤い空がゆっくりと揺れはじめ、それに触れると溶岩が作品の中から流れ出てきます。

流れた溶岩に触ると絵の具が弾けて壁に散らばっていきます。その後展示室は作品の中に飲まれ、ユーザーは「叫び」の中に。

火山の噴火によって真っ暗になった世界から、展示室へ舞い戻っていきます。

今度はリトグラフで描かれた「叫び」に変化し、絵に触れることで黒い帯状のものに部屋の中が包み込まれていきます。ナレーションが流れ始めると、顔の形をした白い煙が部屋の中を浮遊していきます。

奇妙で恐ろしいVR体験を提供する「The Scream」は3章構成。動画ではフルバージョンの視聴も可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=NPWKz5n5-xA

(参考)UploadVR


世界ランク1位から手ほどき VRでテニスレッスン

2019/06/24 12:00 ゲーム・アプリ

一体型VRヘッドセットを語るイベント デジハリで7月18日開催

2019/06/24 12:00 業界動向