Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

ミランファッションウィークにバーチャルヒューマンが登場 ARグラスで表示

話題

2021/09/24 12:43

【ポケモンGO】「カラマネロ」“進化問題”に公式が言及 対応策も提供予定

ポケモンGO

2021/09/24 19:52

渋谷ハル 「VTuber最協決定戦 Season3」の運営費用を公開 赤字でも運営は続けると表明

VTuber

2021/09/23 18:02

存在しないVTuberの存在しないコラボカフェがVRChatに登場!

VRSNS

2021/09/24 17:06

VTuberが多数参加の「マイクラ肝試し」とは? 今年の出演者や過去の見どころを紹介

VTuber

2021/09/20 19:00

facebook twitter hatena line
MoguraVR

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

Valveの新型VRヘッドセット「Index」判明済み最新情報まとめ

PCゲームプラットフォームSteamを運営するValveは、2019年3月末にPC向けの新型VRヘッドセット「Index(インデックス)」を発表しました。発表当初はごくわずかな情報しか判明していませんでしたが、5月1日にValveが詳細を公開しました。

本記事では、Indexのスペックや価格、コントローラーなどの情報を紹介します。

目次

「Index」とは
解像度などの詳細スペックが判明
ー解像度は2,880×1,600
ー“開発者による、開発者のための”デザイン
新型コントローラー「Valve Index Controllers」
価格や予約方法
製品スペックや要求スペック

「Index」とは

Indexは、Valveが発表した新型VRヘッドセットです。2019年3月末に予告サイトが開設され、その存在が明るみになりました。ValveがHTCと共同開発した「HTC VIVE」のように他社との提携によるものではなく、Valve独自のデバイスです。

解像度などの詳細スペックが判明

解像度は2,880×1,600

公式サイトのスペック表によれば、IndexのディスプレイはフルRGBのLCD(液晶)を採用、解像度は1,440×1,600×2枚(2,880×1,600)。フレームレートはVIVE系の90Hzへの後方互換を備えた120Hzで、実験的な144Hzモードも搭載しているとのこと。

残像をへらす技術が施されており、その数値は0.330ms~0.530ms(msはミリ秒)ほど。「いわゆる第一世代VRヘッドセットと比較すると5倍改善している」とのこと。オーディオについてはスピーカー内蔵型ではなく、ヘッドホン一体型となっています。

視野角は「HTC VIVEより20度拡大」とあるため、およそ130度前後と想定されます。さらに物理的なIPD(※)調整機能も備えます。

(※IPD……瞳孔間距離/InterPupillary Distanceの略。両目の瞳孔の間の距離のこと。VR体験において、瞳孔間距離とレンズの間隔がずれている場合、眼精疲労等の原因になりうると考えられている)

“開発者による、開発者のための”デザイン

ヘッドセット前方に取り付けられたRGBカメラはステレオビデオパススルーに使用できるとのこと。また、USB 3.0 Type-Aの端子を含む拡張スロットを搭載しており、様々なカスタマイズ・開発用途を想定しているようです。

新型コントローラー「Valve Index Controllers」

IndexにはValveが2016年から開発を続けていた、5本の指をトラッキングしたり、握り込む強さを再現できる新型モーションコントローラー「Knuckles」こと「Valve Index Controllers」が同梱されます。

5本の指を認識する「Knuckles」はVRに福音をもたらすか? 開発者版体験レポ | Mogura VR

5本の指を認識する「Knuckles」はVRに福音をもたらすか? 開発者版体験レポ | Mogura VR

MoguraVR

VR用コントローラーKnuckles、さらに新バージョン登場 | Mogura VR

VR用コントローラーKnuckles、さらに新バージョン登場 | Mogura VR

MoguraVR

価格や予約方法

Indexの製品ラインナップは5つです。VRヘッドセット単品、VRヘッドセットとコントローラーのセット、コントローラー単品、トラッキング用のベースステーション単品、そしてフルセット(ヘッドセット、コントローラー、ベースステーション×2)です。

価格はVRヘッドセット単品が499ドル(約55,000円)、コントローラー単品が149ドル(約16,000円)、ベースステーション単品が279ドル(約31,000円)、フルセットが999ドル(約111,000円)です。

Indexの予約は公式サイトより、出荷は2019年6月28日からですが、すでにフルセットの初回出荷分は予約がいっぱいとなり2019年5月4日現在8月31日の出荷となっています。しかし、2019年5月2日現在、日本はValve Indexの出荷対象国に含まれていません。今後順次解禁か否か等も含めて不明となっています。


(製品ページには「Not Available In Your Country」の記載が)

製品スペックや要求スペック

Indexのスペックおよび要求スペックは以下の通りです。

Indexのスペック

ディスプレイ

1,440×1,600×2(2,880×1,600)
フルRGB、LCD

フレームレート

80/90/120/144Hz

視野角

「アイレリーフ調整の最適化により、HTC VIVEより20度改善」

IPD調整

58mm~70mm

接続

USB 3.0
DisplayPort 1.2
12V電源

トラッキング

SteamVR 1.0および2.0

オーディオ

ヘッドホン一体型、マイク搭載

フロントカメラ

ステレオRGBカメラ 960×960

要求スペック

OS

Windows 10、SteamOS、Linux

プロセッサー

デュアルコア(ハイパースレッディング含む)

メモリ

8GB以上

グラフィック

NVIDIA GeForce GTX 970以上またはAMD Radeon RX 480以上

USB

3.0以上


アメリカでOculus Questが誤配送されるもフライングならず

2019/05/05 12:00 Oculus Quest 最新情報

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(4月27日~5月3日)

2019/05/05 12:00 必見!今週のおすすめVTuber
VR/AR/MR 用語集