デイリーランキング

リコー、ビジネス向け360度コンテンツサービスのポータル「RICOH360」を公開

ビジネス活用事例

2019/02/15 19:00

XRトレーニングによるコスト削減は年間1.5兆円 多数の企業が取り組む

統計・データ

2019/02/15 12:00

VRで交通事故を体験、安全意識高める 大分県警察ら共同制作

ビジネス活用事例

2019/02/15 11:30

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

竹中工務店らがVRツール開発、室内の照明シミュレーションに利用

株式会社竹中工務店と株式会社ビジュアル・テクノロジー研究所(VTL)は、輝度分布に基づく空間の明るさを設計段階でシミュレーションし、VRで体感できる視環境設計の支援ツールを共同開発したことを発表しました。竹中工務店は、これまでにもVR対応の「visiMAX」や「VRuno」など空間体感支援ツールを開発しています。

実際の建築空間では、輝度対比(対象物の輝度と周囲の輝度の差)対比や目の順応の影響により、同じ輝度値でも暗く感じたり明るく感じたりするケースがあります。今回開発されたツールは、これらのより現実に近い空間の明るさ感をVRで体感できるものです。

手法としてはBIMデータによる建築モデルをベースに空間の輝度画像を作成し、明るさ感を再現した画像に変換。これをVRに適用できる360度画像に変換することで、設計段階における視環境のシミュレーションが可能になるとのことです。本技術には東京工業大学の特許技術が利用されています。

(参考)株式会社竹中工務店 プレスリリース


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

お正月にVTuberらが歌を競う「NHKバーチャルのど自慢」放送決定! キズナアイやミライアカリ、電脳少女シロ、月ノ美兎ら出演

2018/11/21 17:30 VTuber 最新ニュース一覧

VRで名画に入る体験や“VR足湯”など、DCEXPO注目展示ピックアップ(後編)

2018/11/21 17:30 業界動向