デイリーランキング

一体型VRをエアロバイクを組み合わせたフィットネスマシン登場

ゲーム・アプリ

2019/01/16 11:33

日立ら、鉄道車両向けのAR作業管理システムを共同開発 製造効率の向上を図る

ビジネス活用事例

2019/01/15 17:30

HTCが新VRデバイスを発表、ポケGO開発企業が1.9億ドル調達 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/01/15 08:00

外部センサーなしで全身トラッキング、プロトタイプがCESでお披露目

テック

2019/01/12 12:00

顔を撃たれて感じる衝撃、ベスト+αの全身触覚再現デバイス「bHaptics DK3」

テック

2019/01/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

松竹が取り組むVR/VTuber 新会社「ミエクル」本格始動、歌舞伎やお笑いをVR化

松竹株式会社は、VRなど先端技術を活用した新たなエンタテインメント領域の創出を目的としたミエクル株式会社の本格始動を発表しました。歌舞伎やお笑いのVR映像の制作やVRを活用したコンテンツ・サービス開発などを行っていくとのことです。

ミエクル株式会社は、松竹とカディンチェ株式会社、株式会社侍の3社で2018年5月に設立。「Entertainment×Technology」をテーマとして掲げ、VR/AR/MRおよびAIなどの先端技術を活用した新しいコンテンツやサービスの開発を行います。

同社では、歌舞伎やお笑いコンテンツのVR化に取り組んでいます。今後は松竹が20年に渡り運営している「松竹お化け屋本舗」のVR化を行い、国内だけでなく海外での事業展開も予定されています。事業内容にはVTuberの開発およびコンテンツ運営も含まれています。

また、2020年の東京オリンピックと2022年の北京オリンピックを視野に入れ、テクノロジーを活用したスポーツ領域やヘルスケア領域でのコンテンツ・サービスの開発も進めるとコメントしました。

同社は事業内容として、以下の7つを挙げています。

・歌舞伎等の演劇関連 VR 映像の制作
・VRを活用した「お笑い」コンテンツの制作
・VRを活用した体験型「ホラー」コンテンツ及びサービスの開発
・観光VR映像の制作
・VTuberの開発及びコンテンツ運営
・スポーツ関連VR映像制作及動作解析サービス
・高齢者及び障がい者向け健康増進プログラムの開発

(参考)Miecle Inc.

Magic Leap初の自社主催カンファレンス「L.E.A.P.」参加レポート

2018/12/28 11:45 業界動向

不動産VRのナーブがアイリッジと業務提携、ビジネスVRソリューション提供

2018/12/28 11:45 ビジネス活用事例