Home » ソーシャルVR「Rec Room」に会員向けのシャツデザイン機能実装 将来的には販売も可能に


VRSNS 2022.06.22

ソーシャルVR「Rec Room」に会員向けのシャツデザイン機能実装 将来的には販売も可能に

ソーシャルVR「Rec Room」で、「Rec Room Plus」会員が利用できるアバター向けTシャツのデザイン機能が実装されました。将来的にはマーケティングプレイスで、作成したシャツを販売できる機能も導入される予定です。

「Rec Room」には、以前からアバターのカスタマイズ機能が実装されていますが、「VRChat」などとは異なり、ゲーム内でカスタムを行う仕様になっています。「Rec Room Plus」は本作の有料サブスクリプションで、登録すると、アバター外装のスロット上限や、ユーザーが制作したコンテンツをゲーム内トークンで売買する機能などが解放されます。

今回実装されたシャツのカスタマイズ機能は、衣服の前面と後面に絵柄を(ゲーム内で)描けるというもの。デザイン自体は自由に行えますが、「Rec Room」は性的要素や人種差別、ハラスメント要素のあるシンボルや言葉を禁止しており、規約を侵害した場合は、ユーザーからの通報対象となります。

「Rec Room」はバーチャル空間内で他のユーザーとコミュニケーションできるサービスです。ゲームで遊んだり、音楽ライブに参加したりと、さまざまな遊び方ができます。VRヘッドセットMeta QuestやPlayStation VRなどの他、スマートフォンでも体験可能です。

アプリ内では日本人グループも活動しており、6月には、開催されたクリエイターコンテストで、日本人ユーザーチームが制作した作品「BeeDMBeeLife」が部門優勝。複数の特別賞も受賞しました。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード