デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

サウジアラビアはAR導入に理想的? Snapが語るその可能性

業界動向

2021/11/29 19:00

ボルボ、イスラエルのスタートアップ企業に出資。ARHUD開発を推進

投資

2021/11/30 12:28

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Oculus Quest SDKにフレームレートやレイテンシ関連の新機能「Application SpaceWarp」が導入

Oculus QuestシリーズのSDKに、「Application SpaceWarp(ASW)」と呼ばれる新機能が導入されます。他のフレームを合成的(synthetically)に生成することで、通常の半分のフレームレートでアプリを動作させることができます。

ASWは、ゲームエンジン側の深度バッファとmotion vectorsを活用して動作。すべてのリアルフレームに、適切な次フレームを外挿します。深度バッファは各フレームの低解像度版で、各ピクセルの利用者の目からの距離を示します。動きベクトルは、ピクセルのフレーム間の移動を示します。

ASWを使用することで、初代Questでは36FPS、Quest 2では36FPS/45FPS/60FPSでアプリを動作させることができます。同機能はデベロッパー側でオン/オフを設定可能。メタ(旧フェイスブック)によれば、ASWを使用することで、アプリの処理能力は通常の状態と比較して70%増加するとのこと。ゲームエンジンから得られる動きベクトルの品質が高いことから、いわゆる「アーティファクト(信号処理の際に発生するノイズや歪み)」は、多くのケースで“ほぼ発生しない”としています。

さらに、メタは「Positional TimeWarp」と呼ばれる機能もリリースします。これはレイテンシを短縮するための技術。「ASW」のための深度バッファを利用し、ユーザーの頭部の向きに応じて各フレームを再投射。トランジショナル・レイテンシも短縮します。本機能は「ASW」とは異なりデフォルトで適用されます。デベロッパー側で使用の有無を切り替えることはできません。

Oculus Questのv34アップデートが配信開始、ガーディアンへの侵入検知などが追加 | Mogura VR

Oculus Questのv34アップデートが配信開始、ガーディアンへの侵入検知などが追加 | Mogura VR

MoguraVR

メタ(旧フェイスブック) フィットネスに特化したOculus Quest 2の新アクセサリパーツを発表 | Mogura VR

メタ(旧フェイスブック) フィットネスに特化したOculus Quest 2の新アクセサリパーツを発表 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR

Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

3Dアバター生成サービスのPocket RDが4.5億円を調達、KDDIや講談社、DNPと提携

2021/11/16 19:30 投資

博報堂、メタバースにおける新しい広告サービスの開発を開始

2021/11/16 19:30 メタバース