デイリーランキング

ファーウェイ、6DoF対応の新型VRグラスを発表。発売は2021年予定

業界動向

2020/10/21 19:30

清水建設、VRをインターンシップに導入 参加者の9割が高評価

活用事例

2020/10/20 18:00

超広視野角VRのPimaxが2,000万ドル調達、顧客サポートやロジスティクス改善へ

投資

2020/10/20 12:57

HTCの“正体不明”ヘッドセットが確認される。VIVE Focusの新バージョンか

業界動向

2020/10/22 12:00

JDIら、高精細VRデバイスとエアロバイクを組み合わせサイクリング

業界動向

2020/10/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「総売上は100億円突破」フェイスブックが見るVRコンテンツ市場

Facebookは、太平洋時間9月25日から開催されたOculus Connect6の基調講演を行い、現在の製品の状況や今後のアップデート、新サービスなどを発表しました。

Oculus Storeではすでに1億ドル以上の購入

最初に登壇したFacebook CEOマーク・ザッカーバーグ氏は、ARとVRが「次のコンピューティングプラットフォーム」であると強調。今がその「dawn(夜明け前)」であると語りました。

Oculusは2016年にPC向けのRiftを発売。現在ではPC向けのRift S、一体型のGo、Questと3機種のラインナップを揃えています。

ザッカーバーグ氏によればOculusが運営するOculus StoreでのVRコンテンツの総購入額は、1億ドルを突破したとのこと。着実にVRコンテンツ市場が拡大していることを示唆しました。2019年5月に発売されたQuestがその20%を占めているとのこと。

これまでOculusは、コンテンツの総数に触れてきましたが、コンテンツの売上に言及するのはこれが初となりました。また、2019年5月に発売された一体型のOculus Questに関しては「生産するのと同じペースで売れている」とのこと。売れ行きが好調だとしています。

OC6の基調講演では、スターウォーズの世界を体験できる人気VR作品「Vader Immortal」のエピソード2を始め、年末に向けて多くの人気VRコンテンツが配信を予定していること。また、「タイタンフォール」、「Apex Legends」などで知られるRespawn Studiosから「メダルオブオナー」のVRゲームが2020年に登場することが発表され、コンテンツの数はさらに増えていくことが発表されました。

https://www.youtube.com/watch?v=_qCQLs1QpXI

https://www.youtube.com/watch?v=ARC4_Rp01-U

Mogura VR Newsでは、OC6のレポート記事を順次アップしていきます。


ポルシェが「自動車の中で楽しむVR」導入へ

2019/09/26 05:10 業界動向

大作VRゲーム「メダルオブオナーVR」2020年発売

2019/09/26 05:10 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集