ホーム
PSVR
Oculus Go
Vive・Vive Pro
VTuber
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
ゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.08.26

海外でMagic Leap Oneの分解レポートが公開

デバイスの分解方法などを紹介するiFixitが、8月8日に販売・出荷を開始したMagic Leap One Creator’s Editionの分解レポートを公開しています。

Magic Leapは製品に関する情報をほとんど公開しないまま、合計23億ドル(約2,550億円)以上を資金調達し注目を集めてきました。3Dモデルなどが現実に存在しているかのように見せる、という2,295ドルのハイスペックなデバイス「Magic Leap One」がどのような構造になっているか、iFixitの動画を紹介していきます。また分解の技術的な考察については動画及びiFixitのレポート記事(英語)に詳しく掲載されています。

https://www.youtube.com/watch?v=yf1m71JuG34

2,295ドルのデバイスを徹底的に分解

バンドと顔に接する部分を取り外すと、アイトラッキングに用いるIR(赤外線)エミッターが見えます。IRエミッターは個別にコントロール可能でなく、1つにまとめられています。レンズ部分についてiFixitは「驚くほど作りが粗い(ugly)」と感想を述べています。エッジの黒色の部分は手塗りのようも見えます。

レンズからIRエミッターを外すと、アイトラッキング用の4つのIRカメラがフィルター部分に取り付けられています。カメラは片目につき1箇所のみです。

分解結果を元にiFixitはMagic Leapの光学系についても考察しています。


iFixitはプロセッサとバッテリーを内蔵した「Lightpack」も分解しています。基板上の部品では、ヒートシンクなど接着剤で止められている物もあります。

Lightpackには、NVIDIAのプロセッサ、サムスンのDRAM、そしてバッテリーなどが搭載されています。バッテリーを取り出すためには、まずこれらの基板を取り外さなければいけません。バッテリー交換ということを想定していない作りだと考えられます。

iFixitの総括としては、「製品自体は高額な作りで、製品耐用期間は厳密に調整がきくように設計されているが、より耐用性を高める、といった視点が欠け、短命な製品である」と指摘しています。

Magic Leap Oneの実機体験はこちらで紹介しています。

Magic Leap One実機体験レポート その現在と可能性 | Mogura VR

Magic Leap One実機体験レポート その現在と可能性 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)iFixit

Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集