デイリーランキング

キズナアイ運営Activ8の声明が掲載 “分裂”当初からの経緯を振り返る

VTuber

2019/08/17 14:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

VRオープンワールドRPG「Nostos」、人数限定のベータテスト開始 9月5日から

ゲーム・アプリ

2019/08/17 12:00

VTuberのスキなシーンを共有する「ココスキ」がサービス開始 おめがシスターズが考案

VTuber

2019/08/15 11:34

VTuberコンビ「ひま食堂」初のドラマCD発表!釘宮理恵、小林ゆう、杉田智和、茶風林ら出演

VTuber

2019/08/15 23:50

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

部屋の中におとぎ話の世界が広がる Magic Leap One向けに新作アプリ

Funomenaは、MRデバイスMagic Leap One向けARアプリLuna: Moondust Gardenをリリースしました。価格は5ドル(約550円)です。

絵本タッチの物語が部屋の中に広がる

「Luna: Moondust Garden」では、ユーザーはAR世界の中でミュージカルガーデンを育て、キャラクター達とコミュニケーションをとって楽しむことができます。Funomenaが2017年10月に配信したおとぎ話がテーマのVRパズルゲーム「Luna」のMagic Leap One版です。VR版「Luna」以上に、遊べる要素が追加されているとのこと。

本アプリでは、「Luna」の童話が部屋の中に広がり、小鳥とフクロウの可愛らしいガーデンを探索する物語が描かれます。プレイヤーは、悲しみをかかえ隠れてしまったキツネが、喜んで外に出てこられるように、ガーデンの中に散りばめられた月の粉を探し出し、植物を育て、大きなガーデンを作ることになります。

Funomenaは、アプリについて次のようにコメントしています。

室内に合わせて映像が再構築されるMagic Leap(マジックリープ)のルームスキャンと奥行きのある空間オー
ディオで、本当に物語が近くに存在しているかのように、生き生きとしてきます

https://www.youtube.com/watch?v=9Q6Og0nFAH4

配信2作目となる有料アプリ

Magic Leap Oneは、現在開発者版のみ米国内限定で出荷されています。配信されているアプリは無料のものが多く、有料アプリの配信は2作目となります。有料アプリ1作目となる「Seedling」は部屋で宇宙植物を育てるゲームで、12月初めにリリースされています。

Magic Leap Oneの配信プラットフォームMagic Leap Worldの無料アプリには、ロボットと対戦するシューティングゲーム「Dr. Grordbort’s Invaders」、世界で人気のアングリーバードのAR版となる「Angry Birds FPS:First Person Slingshot」、音楽と映像の融合したロックバンドシガーロスの世界を体験する「Tónandi」、絵を描いて自分の世界を作り出す「Project Create」などが配信されています。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


「VTuber歌謡祭」が12月27日開催、Re:AcTやミギナナメ/など約30名出演

2018/12/27 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

匂いVRデバイスFeelreal、触覚も組み合わせてクラウドファンディング再挑戦

2018/12/27 19:00 テック